モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
しいら☆さん 50代・その他の方

ほっこり!クリスマス2016にお薦め!
ふくざわさんの絵本大好きな方 多いで…

電気とじしゃく」 みんなの声

電気とじしゃく 作:マリア・ゴードン
絵:マイク・ゴードン
訳:にしもとけいすけ
出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
本体価格:\1,280+税
発行日:1996年
ISBN:9784564220388
評価スコア 4
評価ランキング 20,264
みんなの声 総数 2
「電気とじしゃく」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 科学絵本

    このお半死は電気の仕組みと磁石の仕組みについて、子どもに分かりやすいように説明してありました。うちの子は最近物事がどうして起こるのか気になっていたので、この絵本で静電気とか磁石の仕組みについて学べてとっても楽しそうでした。

    掲載日:2013/06/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 発見がいっぱいの科学絵本

    子どもの「どうして?」や「不思議!」にわかりやすく答えてくれる科学絵本、シンプルサイエンスシリーズの8巻。
    電気と磁石について書かれた作品です。
    どうして、電気と磁石が一緒に書かれているの?と言うのも不思議でしたが、読んでみると答えがわかります。

    鉄などに電気が流れると「磁力」ができ、磁石になるそうです。
    また、電気の発見は琥珀を絹の布でこすったときにできた静電気からだったとか。ギリシャ語で、琥珀のことをエレクトロン(電子)と言うのだそうです。

    他にも、大人でも「へぇー」「そうなんだー!」と言う発見がいっぱいです。
    実験もたくさん紹介されていて、一冊でたっぷり遊べます。

    でもちっとも難しくない!わかりやすい言葉とイラストで紹介されています。

    資源の大切さも、しっかり教えてくれます。

    掲載日:2006/04/13

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

すてきな三にんぐみ / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / バムとケロのにちようび

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット