十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

カロリーヌつきへいく」 みんなの声

カロリーヌつきへいく 作・絵:ピエール・プロブスト
訳:山下 明生
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1998年
ISBN:9784892386732
評価スコア 4
評価ランキング 20,273
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 夢の宇宙旅行

    • はなしんさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子8歳、男の子6歳

    本来子供は、保護者のいない身では、旅行などできませんが、カロリーヌは、違います。なぜか皆動物である8人の仲間と、どこへでも出掛けてゆきます。子供の夢をそのまま絵本の中で実現させてくれるのが、このカロリーヌなのです。
    今回は、なんと地球をロケットに乗って飛び出して、月まで行ってしまいます。すごすぎますよね。
    笑えるのが、隕石をなぜがテニスラケットで打ち返していたり、酸素のない月にりんごの木の植樹をしたり、月で輪投げ遊びができてしまったり・・・。思わず「おいおい」と、突っ込みを入れたくなる場面がたくさん盛り込まれているのも、この絵本の魅力の一つです。
    さて、あなたは、何箇所つっ込みを入れられるか、試してみませんか。

    掲載日:2006/08/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • カロリーヌ再び!

    小学生だったとき、私が夢中になったカロリーヌのシリーズです。
    その頃は、小学館の、世界の童話シリーズでした。
    現在は、フェリシモブックポート復刊企画より、BL出版から発刊されています。
    ふたたび、カロリーヌに出会うことが出来るなんて!とっても感謝…なのですが、
    私の記憶違いですと申し訳ないのですが、昔は、本の形が正方形に近かったと思うのですが…
    今回の絵本は、縦長ですよね?昔のカロリーヌファンとしては、ちょっぴり残念…かな?

    白猫のプフ、黒猫のノワロー、ひょうのピトー、くまのブムら、8ぴきの動物たちと暮らす、青い目に金髪の、とても活発な女の子、カロリーヌ。
    作者のピエール・プロブストさん御自身の娘さんがモデルなのだそう。
    今回は、ロケットに乗って、月へ行きます。
    ロケットの無重力に大騒ぎしたり、突如としてあらわれた宇宙人にびっくりしたり。
    (この宇宙人には、しかけがあるんですが…)

    このカロリーヌシリーズ、本当にスケールの大きな、突拍子もないようなお話が多い。
    読んでいる子供たちは、「私がカロリーヌだったら!」と夢を膨らませるのでしょうね。
    このシリーズには、両親が出てこず、カロリーヌと動物たちだけで活躍するお話が多数だったと思います。
    この、大人の出る幕がなく、「子供と動物たちだけで冒険」という設定が、なおいっそう子供心をくすぐるのでしょうね。

    カロリーヌや動物達の絵が、大人になった目で見ても、とても生き生きとして、パワーを感じます。

    掲載日:2006/04/16

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット