ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

こねこのははのひ」 みんなの声

こねこのははのひ 作:やすい すえこ
絵:しのざきみつお
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2001年
ISBN:9784774604992
評価スコア 4.42
評価ランキング 8,386
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • ほりだしもの!

    4歳の息子が図書館から借りてきました。

    母の日について公園で語る親子の話を聞きながら、
    自分たちも大好きなお母さんに何かプレゼントしよう!と思い立つ、
    三匹の子猫たち。

    プレゼント何にしよう〜と一生懸命考える子猫たち。
    とっても愛らしくて、まだお話の途中だけど、
    すっごく暖かい気持ちになります。

    そして、子猫たちがお母さんにプレゼントしたのは、
    ステキな景色が見える場所!

    お母さんはとっても幸せな気持ちになったに違いありません。

    親子の絆を深めるとっても暖かい一冊。
    是非親子でオススメの一冊です!

    掲載日:2011/01/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • 母の日のカーネーション

    なぜ母の日にカーネーションを送るのかが書かれている
    季節の行事系の本なんですが
    そこだけで終わらないのがいいところです。

    母の日のプレゼントを探しに出かけた3匹の子猫が
    選んだプレゼントは・・・・。
    素敵に景色。
    物じゃないところに、いたく感動しました。
    プレゼントに何となく気づいている母猫の様子も
    とてもあたたかくて
    春の日に読みたいと思う一冊です。

    掲載日:2016/05/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほっこりする絵本

    「行事の絵本」って
    なんとなく押し付けがましいイメージがあって
    どうかな・・・って
    思うのですが
    この絵本は、あたり!!でした(^^ゞ

    表紙のねこちゃんたちの
    うれしそうな
    幸せそうな表情から始まります

    人間の母と子の話を公園で聞き
    3匹の子猫たちは、プレゼントを探しに・・・
    人間の子どもも考えそうな発想です

    でも・・・
    とっても素敵なことに
    気づきます
    それがとてもいいんです!!

    お金や物じゃないんだよね!

    文字のない
    木の上の光景は
    言葉に出ないほど!!
    私の方が感激してしまいました

    子猫たちの気持ちがうれしいんですね

    お母さんもやさしいおかあさんなんです
    と〜っとも幸せな気持ちになりました

    絵本を閉じると・・・
    ほほえましい絵本で
    春にお勧めです!!

    掲載日:2014/03/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • あったかいな

    「このお話読んだことある?」と娘に訊いてみました(幼稚園で読んで
    いる場合もあるので)。
    「ないよ。でもさ、カーネーションあげるって話でしょ、きっと」
    先日、幼稚園で作った母の日のプレゼントのことが印象に残って
    いるのか、そんな風にちょっと生意気そうに言うのです。
    母の日に、プレゼントを作ってくれるのはとってもうれしいけれど
    「カーネーションをあげるもの」とだけ思われてしまうのは心外です(笑)。
    だから、この絵本がカーネーションをあげるお話ではなくってよかった
    です。
    生意気なことを言っていた娘も、いつの間にやらカーネーションのこと
    は忘れ、さんびきのねこ達がおかあさんのためにたくさん冒険する様子を
    楽しそうにみていました。のはらの場面では娘も一緒に、こねこになったかの
    ようでした。
    私は、と言えば、いつもいるはずの公園から出ていってしまい
    冒険するこねこ達が心配で「はやく帰ればいいのになあ」って思いながら
    読みました。子どもの気持ちでは読めず、母の気持ちになってしまって
    いて、それは当たり前のことなのでしょうけど、ちょっとこんな自分が
    つまらないなあと思ってしまいました。

    掲載日:2012/06/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 母の日

    我が家では季節のたびに、図書館から借りている「行事の由来」シリーズです。
    シリーズの他の作品が、日本古来のものが多い印象でしたが、「母の日」は比較的新しい習慣ですよね。
    子猫の兄弟には、かわいくて癒されました。
    あとがきでは、「母の日」の始まりについてがわかるので、参考になりました。

    掲載日:2012/05/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 母の日

    母の日のプレゼントに物ばかりにこだわっていた私は、こねこのようなプレゼントもあるんだと思いました。かあさんねこが、とても幸せだと読んでいる私まで優しい温かい気持ちになれました。子供たちがまだ小学生だった頃は、「肩たたき券」とか、「お手伝い券」とかをプレゼントにしていたなあって思い出して嬉しい気持ちになりました。とっても読んでいても優しい気持ちになれる絵本でした。

    掲載日:2011/03/03

    参考になりました
    感謝
    0
  •  こねこたちが、人間の母子の会話を聞いています。
     「母の日」の由来のお話しです。
     アメリカのジャービス牧師(女性)の葬儀に際し、参列者に庭に咲いていた白いカーネーションを娘のアンナが、生前の母親への愛への感謝として、プレゼントしたことから始まったそうです。
     この話が、アメリカ全土に広まり1914年アメリカでは5月の第2日曜日を「母の日」と決めたそうです。
     長い歴史のあるお話しなんですね。 

     こねこたちが、この話をきいて、こねこたちは母ねこへのプレゼント探しをはじめます。
     こねこたちのプレゼントに、「おかあさんが大好き」って言う気持ちを伝えることが、何よりのプレゼントなんだと教えられます。
     本当に、素敵なプレゼントでした。

     「母の日」の由来のページが、単色使いでこどもたちにも伝え易い表現方法だと思いました。

     カーネーションは、白から始まったんですね。

    掲載日:2010/05/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 1人の気持ちが全世界に

    「行事の由来えほん」の中の1冊です。このシリーズは、様々な行事の由来を親子でいっしょに学べるだけでなく、ストーリーとしても楽しめるものが多く、図書館で続けて借りてきました。
    今では世界中に広まっている母の日。アメリカから始まったのですね・・・アメリカに住んでいるのに、まったく知りませんでした。1人の女性の、母を思う気持ちが、小さな町から全米に、そして世界へと広がっていったことを思うとき、人を愛する力の大きさに感動しました。娘も、この本を読んだ後に、「Jも、ママがだ〜いすき! 母の日に、もっともっといっぱいお花をプレゼントしてあげるね。公園の白いお花もいっぱい摘んで来てあげる。お庭のお花もいっぱい摘んであげるね。」と、純真な笑顔で言ってくれて、私も、お母さん猫と同じくらいしあわせな気持ちでいっぱいになりました。こねこたちがお母さんにプレゼントした木漏れ日や夕焼け空の色にも心が温まりました。

    掲載日:2008/12/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • プレゼントって物だけではないんだよ

    6歳の娘へ読み聞かせました。
    母の日の由来を紹介しているので、
    「母の日って?何?」という娘の質問があったので、説明するのにちょうど良かったです。
    プレゼントって物だけではないんだよって、大人の自分へも訴えかけられました。

    掲載日:2007/12/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 母の日のプレゼントに

    • かっぴーさん
    • 30代
    • せんせい
    • 埼玉県
    • 女の子3歳

    こねこの3兄弟が、お母さんねこへ感謝の気持ちをこめて、母の日のプレゼントを贈ろうと考え、苦労した挙句に見つけたプレゼントに、感動しました。母子の愛が伝わってくるやさしい絵本だと思います。こねこたちのけな気なお母さんへの気持ちが胸に染み込みました。それほど有名ではない絵本ですが、隠れた名作だと思います。また、母の日のプレゼントにも適した絵本だと思います。

    掲載日:2007/06/19

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.42)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット