「月」特集


にまつわるステキな本を集めました。

  • おやすみなさい おつきさま

    おおきなみどりのへやのなか。こうさぎがベッドにはいり、ねむりにつくところ。こうさぎは、ふうせんやてぶくろなど、へやのなかのすべてのものに「おやすみなさい」と語りかける。アメリカで1000万部をこえて読みつがれている名作。オバマ大統領が“人生最初の一冊”とし、また雅子妃が“思い出の宝物”とされている絵本。

  • 月おとこ

    月にすんでる月おとこは、たのしそうな地球のひとたちとなかまになりたいと思っていた。そしてある日、流れ星のしっぽにつかまり、地球におちてくる。みんなびっくり仰天の大さわぎ。月おとこは、ろうやに入れられてしまうが…。国際アンデルセン賞受賞作家の夢あふれるお話。

  • ぼく、お月さまとはなしたよ

    クマくんは、お月さまを見ておもった。お月さまの誕生日におくりものをあげたいな。でも、いつだろう? なにをあげたらいいかしら? お月さまにきいてみよう。そこでクマくんは木にのぼり、お月さまにはなしかけた。でも…。
    ●第31回課題図書

  • どこへいったの、お月さま

    お月さま、かくれんぼしましょ! クマくんは、木のうろのなかにかくれる。でもお月さまにみつかった。こんどはお月さまのかくれるばん。そのとき風がふいてきて、大きな雲のかげにお月さまをかくしてしまう。クマくんは、お月さまをさがしますが…。

  • かじってみたいな、お月さま

    ぼく、お月さまをぱくっとかじってみたい。きっと、おいしいだろうな? そこでクマくんは、お月さまにいくためにロケットをつくりはじめた。夏から秋とつくりつづけ、冬のある日、やっとかんせい。クマくんは、さっそくロケットにのりこんだが…。

  • まんまるおつきみ お月さま

    まんまるおつきみ お月さま

    作・絵:アン・ハンター
    訳:山口 文生
    価格:¥1,300 + 税

    ある夕べ、大きなお月さまが空にのぼった。オポッサムはお月見パーティをしようと、森のみんなをさそいにいく。でもノネズミもコオロギもアライグマも、だれものってこない。しかたなくオポッサムは、ひとりでお月見をすることにした。すると…。

  • カエデ騎士団と月の精

    リスのノコ、ハリネズミのトイヴォ、ネズミのイーリスが〈カエデ騎士団〉を結成。百年に一度目覚めるという、
    月の精の伝説をめぐって大活躍。小さな動物たちが力をあわせて村をすくう! 
    作者はフィンランドを代表するイラストレイター。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット