宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
たいせつなたいせつなぼくのともだち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

たいせつなたいせつなぼくのともだち

  • 絵本
作: ミリアム・モス
絵: ユッタ・ビュッカー
訳: 小澤征良
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「たいせつなたいせつなぼくのともだち」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年
ISBN: 9784062626002

出版社からの紹介

恐がりなボビー少年が出会った世界一の犬!本当は恐がりなくせに、強がりばかりのボビー少年は、おじいちゃんの愛犬ブッチーがちょっと苦手。ある事件で、恐がり同士と知り、大好きな友だちになります。

心から話ができて、悲しい時も楽しい時も隣にいてくれる――ほんとうの友だちって、なにものにも代えられない宝物なのです。――小澤征良

ベストレビュー

お友達ができてよかったね

人見知りする男の子と犬のお話です。

お互い怖がりで相手に近づくことができませんでしたが、

あることがきっかけで大事な存在になります。

きっかけはどうであれ、仲良くなれたことは

よかったと思います。

表紙に描かれた二人の絵は

とても笑顔でステキな顔をしています。

絵本をめくると額縁に入った写真の絵が

何枚かありますが、これもとてもステキでした。
(ジョージ大好きさん 30代・ママ 男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ミリアム・モスさんのその他の作品

モーリーのすてきなおいしゃさんバッグ / アフリカの大きな木 バオバブ

ユッタ・ビュッカーさんのその他の作品

きらめく船のあるところ / あえるといいな

小澤征良さんのその他の作品

犬のジミーはバレエ・スター / アブディーの冒険物語



親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

たいせつなたいせつなぼくのともだち

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.44

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット