くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
まぜごはん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

まぜごはん

  • 児童書
詩集: 内田 麟太郎
画家: 長野 ヒデ子
出版社: 銀の鈴社

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

数量限定

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2014年05月
ISBN: 9784877862374

中学年以上
A5/96ページ

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


内田麟太郎さんにインタビューしました!

出版社からの紹介

 五冊目の少年詩集です。
 テーマはありません。その日その日の気分で書いたものばかりです。だから詩集の名前は『まぜごはん』にしました。
 竹の子ご飯が好きです。油揚げにかしわが入っていたら、かならずお代わりします。
 グリンピースのまぜごはんも大好きです。薩摩焼の黒い茶碗で頂きます。白いお米とグリーンのお豆がぐっと引き立ちます。おいしそう。
ーあとがきより抜粋ー

まぜごはん

ベストレビュー

音読にも

詩を読むと
必ず思うのは日本語っていいなという思いです。
小学一年生の息子が毎日毎日
音読の宿題をしています。
詩は気持ちを込めて読む音読にも向いていて
宿題の課題も詩がおおいのです。
私が読んであげた後音読させてあげたい絵本です。

内田 麟太郎 さんの絵本同様に
言葉を大事にしている感じが大好きです。
(らずもねさん 30代・ママ 男の子7歳、男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


内田 麟太郎さんのその他の作品

とびますよ / うまはかける / なくのかな / はるの ごほうび / さよならともだち / 大どろぼう ジャム・パン

長野 ヒデ子さんのその他の作品

おもしろ落語図書館〈その一〉 / おもしろ落語図書館〈その二〉 / おもしろ落語図書館〈その三〉 / おもしろ落語図書館〈その四〉 / おもしろ落語図書館〈その五〉 / サンタクロースがよっぱらった



みごたえ満点!船の断面図絵本『ペンギンクルーズ』のはなはるかさんインタビュー

まぜごはん

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.56

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット