たこやきようちえん たのしいえんそく たこやきようちえん たのしいえんそく
作: さいとう しのぶ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
たこやきようちえんの遠足は動物園! たこやき6人は、元気に出発しますが・・・。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
サルくんとお月さま
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

サルくんとお月さま

  • 絵本
作・絵: 谷口 智則
出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2016年10月26日
ISBN: 9784799901984

幼児から
263mm×212mm 36ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

ページをめくるとサルくんがあらわれます。
文字はありません。
サルくんは、うさぎさんと出会って顔を見合わせたり、ありさんたちが砂糖を運ぶのをじっと見つめたりしています。
大きなぞうさんの鼻先に乗ってもちあげられたり、ちょうちょと目を見合わせたりしています。
なんだか悲しそうな表情のときもあれば、おだやかでやさしい目をしているときもあります。
水にうつるサルくんの姿はどこかさみしそうに見えます。

画面は暗くなり、黒い森のなかで、サルくんは泣いているおつきさまに出会います。
サルくんは、高い木を見上げ、おつきさまを背負って登りだします……。

悲しくて悲しくて泣いているおつきさま。
サルくんに背負われてもまだ悲しそう。
おつきさまは、空から落ちてきてしまったのでしょうか?
心細そうにポロポロ涙を流し、落ち込んでいるようすがつたわってきます。

作者は20歳のときにボローニャ国際絵本原画展を見て、独学で絵本を作りはじめました。
その後日本だけではなくフランスやイタリアなどで数々の絵本を出版しています。
独特の、こころもとなさの漂う絵には、読むわたしたちも内面を刺激され、ぽつぽつとふだんは押し込めている感情がわき出してくるようです。
「ぼくがこのえほんでつくりたかったのは、こころのよはくです。」
最後のページで作者がこう記している意味を、絵本をひらいてみなさんもあじわってみてください。

この絵本のおつきさまのように、どこかで泣いている人を、絵本で笑顔にしたい……。
絵本作家、谷口智則さんの、原点と言える作品です。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

サルくんとお月さま

出版社からの紹介

他の動物たちをうらやましがってばかりのサルは、森で泣いている月に出会いますが……。読者の数だけ感じ方がある、文字の無い絵本。

ベストレビュー

自分で言葉を考える絵本

言葉がない絵本です。
最後のページにあるように、読み手のその時々で感じることが違う絵本です。
サルくんの繊細な気持ちの動きが、イメージできます。
『サルくんとバナナのゆうえんち』を読んだあとで、読んだ方がいいかもしれません。

(ちゅちゅこっこさん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


谷口 智則さんのその他の作品

ゴリラのくつや / ブルドッグたんていときえたほし / ブタのドーナツやさん / 100にんのサンタクロース プレゼントケースセット(2点セット) / くいしんぼうのクジラ / ワニのワッフルケーキやさん ワニッフル



親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

サルくんとお月さま

みんなの声(7人)

絵本の評価(3.75

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット