もったいないばあさん かわを ゆく もったいないばあさん かわを ゆく
作・絵: 真珠 まりこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
川を舞台に、水の循環、命のつながりをテーマにした絵本です。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
とびきり おかしな マラソンレース
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

とびきり おかしな マラソンレース

  • 絵本
作: メーガン・マッカーシー
訳: おびか ゆうこ
出版社: 光村教育図書 光村教育図書の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2019年02月25日
ISBN: 9784895722339

小学校低学年から
A4変型判/41ページ

出版社からの紹介

1904年のセントルイスオリンピックでのマラソンの様子を伝えるノンフィクション。

途中でコースを外れたり、沿道のリンゴを食べて順位が下がったり・・・。

楽しいエピソードが満載!

ベストレビュー

ほんとにどびきりおかしいです。

1904年のセントルイスオリンピックのマラソン競技の実話なんだそうで。
金栗四三の大河ドラマを見ていても思いますが、
この時代は、マラソンってなんのことらやという感じの人たちが参加しているので、
こうなってしまうのだなと。
めっちゃくちゃで、おもしろいです。
スポーツが生まれたばかりの頃は、きっとどんなスポーツもこんな状態だったのかな。
科学技術などの歴史はよく目にしますが、
スポーツは知る機会がないので、おもしろい本だなと思いました。
小4の息子も楽しんでました。
(Tamiさん 40代・ママ 男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


おびか ゆうこさんのその他の作品

嵐をしずめたネコの歌 / スーちゃん おやすみなさい / ウルフィーは、おかしなオオカミ? / 図書館にいたユニコーン / しずかに あみもの させとくれー! / ぼくは発明家 アレクサンダー・グラハム・ベル



『ぼっちとぽっち くつしたのおはなし』まつばらのりこさん インタビュー

とびきり おかしな マラソンレース

みんなの声(3人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット