しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

とびきり おかしな マラソンレース」 みんなの声

とびきり おかしな マラソンレース 作:メーガン・マッカーシー
訳:おびか ゆうこ
出版社:光村教育図書 光村教育図書の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2019年02月25日
ISBN:9784895722339
評価スコア 4
評価ランキング 22,643
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ほんとにどびきりおかしいです。

    1904年のセントルイスオリンピックのマラソン競技の実話なんだそうで。
    金栗四三の大河ドラマを見ていても思いますが、
    この時代は、マラソンってなんのことらやという感じの人たちが参加しているので、
    こうなってしまうのだなと。
    めっちゃくちゃで、おもしろいです。
    スポーツが生まれたばかりの頃は、きっとどんなスポーツもこんな状態だったのかな。
    科学技術などの歴史はよく目にしますが、
    スポーツは知る機会がないので、おもしろい本だなと思いました。
    小4の息子も楽しんでました。

    投稿日:2019/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 1904年セントルイスオリンピックです。

    表紙の絵が、目が飛び出てるのが気になります。

    どのページも目がとびでてますが、目が飛び出るくらいびっくり

    するおかしなマラソンレースでした。

    呆れるほど、インチキしたり信じられない光景ばかり・・・・・・

    でも、みんなが、精一杯走ったことは素晴らしいと思いました。

    投稿日:2019/04/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • インチキあり、ドーピングあり、コースアウトあり、信じられないマラソンが、本当にあったことに驚くとともに呆れてしまいました。
    マラソンを愛する自分からすると、感動とはほど遠い、許しがたいマラソンでした。
    でも、こんな事もありつつ今に至っているのですね。
    ドラマチックな展開がどこにあるかわからない、レースの実況中継を絵本にすることの難しさも感じました。

    投稿日:2019/03/30

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記

みんなの声(3人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット