新刊
博物館の少女 怪異研究事始め

博物館の少女 怪異研究事始め(偕成社)

富安陽子が描く明治時代×あやかしミステリー!

  • ためしよみ
新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
おじいちゃんとの最後の旅

おじいちゃんとの最後の旅

  • 児童書
著: ウルフ・スタルク
絵: キティ・クローザー
訳: 菱木 晃子
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,870

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

絵本クラブ
発行日: 2020年09月18日
ISBN: 9784198651626

小学中学年
182mm×128mm 168ページ

出版社からの紹介

スウェーデンを代表する児童文学作家
ウルフ・スタルク最後の作品。
挿絵は、
アストリッド・リンドグレーン記念文学賞を
受賞した絵本作家キティ・クローザー。

おばあちゃんが亡くなって、いま、
ぼくのおじいちゃんは病院に入院している。
おじいちゃんは、かなり口が悪い。
きたない言葉ばかり使うので、パパは、
おじいちゃんのお見舞いに行きたがらない。
でも、ぼくはおじいちゃんが好きだ。
おばあちゃんと二人で暮らしていた家に
死ぬ前に一度もどりたいという
おじいちゃんのために、
ぼくはカンペキな計画を立てた。

パパやママには、サッカーの合宿に行くと
うそをつき、
パン屋のアダムに協力してもらい、
フェリーに乗って、
島にあるおじいちゃんの家に行った。

病院にもどると、おじいちゃんは
天国でおばあちゃんに再会するときのために
きれいな言葉を使うことにすると
いいだし…?

切ない現実を、巧みに、かつユーモアを交えて
描く作風が人気のウルフ・スタルク。
胸を打つ、最後の作品。

ベストレビュー

おじいちゃんと孫

おじいちゃんと孫のお話です。

おじいちゃんと、その息子である孫のパパは、正反対の性格で
あまり相性の良くない様子。
だけど
おじいちゃんと孫は、趣味趣向がとても似ていて
馬が合うようです。

ふと
自分と母方の祖母のことを思い出しました。
いまでも好きなものや好きなこと、好きな味は
全部祖母に教えてもらったものです。

連れ合いをなくして病院暮らしのおじいちゃんが
戻りたがっている家に
孫のウルフと、行きつけのパン屋のお兄さんとで
誰にも内緒で、戻る計画を立てるウルフ。
そんな大冒険が語られる前半から
だんだんと死期を理解して、
自分の豊かな死に際の実現に向けて、最後まで意欲的なおじいちゃんが描かれる後半まで・・。
自分の思い出といくつ重ねたでしょう。

孫のウルフがおじいちゃんから受け取ったものが
今後の人生の糧になる。
人は体が亡くなっても、魂は生き続けるのだなと、感じました。
(やこちんさん 50代・ママ 女の子16歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かばさん 改訂版
    かばさん 改訂版
    作:やベみつのり 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    子どもと遊ぶときはいつだって全力投球!矢部太郎氏の父、やべみつのり氏の描く、最高に楽しい親子の絵本

ウルフ・スタルクさんのその他の作品

トゥルビンとメルクリンの不思議な旅 / パーシーの魔法の運動ぐつ / パーシーとアラビアの王子さま / パーシーと気むずかし屋のカウボーイ / ミラクル・ボーイ / ぼくはジャガーだ

キティ・クローザーさんのその他の作品

みまわりこびと / あるひぼくはかみさまと / ちいさな死神くん / パパとミーヌ にわにいるのは、だあれ? / こわがりのかえるぼうや / ナイナイとしあわせの庭

菱木 晃子さんのその他の作品

くまのピエール / アストリッド・リンドグレーン / フランソンのさむい冬の日 / ちいさなおじさんとおおきな犬 / ロサリンドの庭 / 名探偵カッレ 危険な夏の島


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 外国文学小説 > おじいちゃんとの最後の旅

対談『ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん』

おじいちゃんとの最後の旅

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット