話題
お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう

お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう(学研)

4歳からできる、金銭教育!新聞やTVで話題の幼児ドリル♪キャンペーン対象

新刊
この まちの どこかに

この まちの どこかに(評論社)

2019年ニューヨーク・タイムズ最優秀絵本賞受賞作!

  • ギフト
  • その他
おじいちゃんとの最後の旅

おじいちゃんとの最後の旅

  • 児童書
著: ウルフ・スタルク
絵: キティ・クローザー
訳: 菱木 晃子
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,700 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2020年09月18日
ISBN: 9784198651626

小学中学年
182mm×128mm 168ページ

出版社からの紹介

スウェーデンを代表する児童文学作家
ウルフ・スタルク最後の作品。
挿絵は、
アストリッド・リンドグレーン記念文学賞を
受賞した絵本作家キティ・クローザー。

おばあちゃんが亡くなって、いま、
ぼくのおじいちゃんは病院に入院している。
おじいちゃんは、かなり口が悪い。
きたない言葉ばかり使うので、パパは、
おじいちゃんのお見舞いに行きたがらない。
でも、ぼくはおじいちゃんが好きだ。
おばあちゃんと二人で暮らしていた家に
死ぬ前に一度もどりたいという
おじいちゃんのために、
ぼくはカンペキな計画を立てた。

パパやママには、サッカーの合宿に行くと
うそをつき、
パン屋のアダムに協力してもらい、
フェリーに乗って、
島にあるおじいちゃんの家に行った。

病院にもどると、おじいちゃんは
天国でおばあちゃんに再会するときのために
きれいな言葉を使うことにすると
いいだし…?

切ない現実を、巧みに、かつユーモアを交えて
描く作風が人気のウルフ・スタルク。
胸を打つ、最後の作品。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ふきだしのフッキー
    ふきだしのフッキー
     出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
    モノの声を代弁することができるフッキー。「ごめん」が言えないゆうくんのもとへ、フッキーがやってきて…

ウルフ・スタルクさんのその他の作品

トゥルビンとメルクリンの不思議な旅 / パーシーの魔法の運動ぐつ / パーシーとアラビアの王子さま / パーシーと気むずかし屋のカウボーイ / ミラクル・ボーイ / ぼくはジャガーだ

キティ・クローザーさんのその他の作品

みまわりこびと / あるひぼくはかみさまと / ちいさな死神くん / パパとミーヌ にわにいるのは、だあれ? / こわがりのかえるぼうや / ナイナイとしあわせの庭

菱木 晃子さんのその他の作品

名探偵カッレ 危険な夏の島 / 名探偵カッレ 地主館の罠 / ライオンとタカとアリになった男の子 ノルウェーのむかしばなし / 名探偵カッレ 城跡の謎 / ピッピ南の島へ / ピッピ 船にのる


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 外国文学小説 > おじいちゃんとの最後の旅

出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

おじいちゃんとの最後の旅

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット