話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
とうもろこしぬぐぞう
NEXTプラチナブック

2021年8月認定
絵本ナビ NEXTプラチナブック

絵本ナビが特に推薦する作品です。

とうもろこしぬぐぞう

  • 絵本
作・絵: はらしま まみ
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,320

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 2021年06月03日
ISBN: 9784591170281

28ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

べりべりっと脱ぐ爽快感!『とうもろこしぬぐぞう』【NEXTプラチナブック】

みどころ

その手足は健康的に日焼けをし、青々とした身体にふさふさのひげ。あぐらをかいて、まっすぐにこちらを見る彼の名前は「とうもろこしぬぐぞう」。なんて堂々した名前なのでしょう。今から彼がすることといえば、もちろん。

「いくぞ!」

さあ、はじまりました。ばりばり、べりべり、ぺりぺりときて、べろーん。それは見事なぬぎっぷり。黄色に輝くつやつやの粒も見えてきましたよ。ついでにふわふわのひげも……。

そうなのです。この絵本は、とうもろこしが自ら、ただひたすらにその葉っぱをぬいでいくお話。どうでしょう、この気持ちよさ。ぬぐぞうさんにつられて、みんなが嬉しくなってしまいます。力強い墨の線と、愛嬌のある表情。そして、どこか懐かしい雰囲気を漂わせながら、きっと彼は、あっという間に子どもたちの人気者になってしまうのでしょうね。

ああ、とうもろこしにかぶりつきたくなってきましたよ。作者はらしままみさんの絵本デビュー作です。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

とうもろこしぬぐぞう

出版社からの紹介

とうもろこしの「とうもろこしぬぐぞう」さんが、葉っぱの服や、ひげであるかみの毛をバリバリ、ぶちぶちと潔く脱いでいくスカッとする絵本。その脱ぎっぷりや言葉のリズムに加え、墨ラインで描かれた力強い筆致が見るものの五感にうったえます。最後はおふろでおいしそうに温まるぬぐぞうさん。子どもに人気の「とうもろこし」へのさらなる興味をそそるだけでなく、毎日のお着替えやおふろの場面でもマネしたくなる、何度もめくりたくなる絵本です。作者のデビュー作。

ベストレビュー

アスリートの美しさ

「はじめてえほん」シリーズ。
はらしままみさんのデビュー作だそう。
題名もそうですが、表紙絵から漂うオーラに圧倒されます。
筋骨隆々のアスリートの美しさを感じます。
トウモロコシの主人公が、ただ、皮を脱ぐ、それだけで、こんなに魅せるなんて。
オノマトペも楽しく、ページをめくるだけで、何とドラマティック!
そうそう、トウモロコシの皮を取る時の感覚ってまさにこんな感じだけに、
共感してしまいます。
ちょっと詰めが甘いところもご愛敬。
なにせ、スイートコーンですもの、ね。
和風なたらい、脱衣かごも風情たっぷり。
まさしく、金メダルのように神々しい実の色に、拍手!です。
乳児・小さい子から楽しめそうです。
(レイラさん 50代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • こうもり
    こうもりの試し読みができます!
    こうもり
    出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
    こうもりって、かわいい! 都会に住むアブラコウモリの生態を描いた生き物絵本。


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > とうもろこしぬぐぞう

2022年夏に読みたい 出版社いちおしの絵本・児童書・図鑑8選!

とうもろこしぬぐぞう

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.71

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット