もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
ゆきのはな
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ゆきのはな

作・絵: たちもと みちこ
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ゆきのはな」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年11月
ISBN: 9784569689142

4〜5歳から
A4判変型上製

出版社からの紹介

ふわり ふわり。夜の静かな森に雪の妖精たちが舞い降りてきて、草花や木々、鳥たちに真っ白な雪ぼうしをかぶせます。窓からみえる家の中には、夢でくすくすわらう男の子と女の子の幸せそうな顔が並んでいます。ふたりが目覚めると、外は一面雪景色。そこへ、くまくんとうさぎさんとはりねずみくんがやってきて、「あ・そ・ぼ」と声をかけます。しばらくすると……、ふわり ふわり。再び雪の妖精たちが舞い降りてきました。妖精たちとみんなは一緒に雪だるまを作ったり、おにごっこやかくれんぼをして遊びました。ところが、次の朝になると、昨日まであったゆきだるまが消えていたのです。みんなの目には涙があふれました。ぽつり、ぽつりと涙が地面に落ち、そこにできた水たまりには、小さなふたばがかおを出していました……。
コラージュの独自の画法が、素敵な雪の世界を創ります。見ているだけで心が温まり優しい気持ちになれる冬の絵本。

ベストレビュー

冬に読みたい絵本。

「ゆきのはな」,題名も何だかいいですね。
表紙のイラストには妖精らしきものたちも。
「ゆきのはな」ってもしかして「妖精?」なんて,本を開きたくなりますね!
たちもとみちこさんの描くイラストも可愛らしくほんわかする絵本に思いました。
冬にぴったりな絵本です。
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


たちもと みちこさんのその他の作品

オムライスパーティー / あきまつりピーヒャラおはやしの日! / うんどうかいがんばれよーいドンの日! / めが さめた! / かぞえてあそぼう 1 2 3 / めいろブック ゆめのなかのぼうけん



親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

ゆきのはな

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.33

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット