虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
りおらんらんさん 40代・ママ

表情がみえる
虫の写真絵本です。 虫って表情がみえ…
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
いつか空のうえで
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

いつか空のうえで

  • 絵本
作・絵: アンドレア・ペトルリック・フセイノヴィッチ
訳: まえざわ あきえ
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「いつか空のうえで」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年07月
ISBN: 9784097263272

中菊倍/32頁

出版社からの紹介

母を亡くした少女が、1人で塔の上に住んでいました。そこに、母さんが昔読んでくれた『ふしぎの国のアリス』のうさぎや、一緒に餌をやったかめ等、なつかしい動物が現れて、少女を母の元へと導いてくれるのでした。

ベストレビュー

死んだ母をしのぶ絵本

幼い頃に両親を失った作者が、母親を忍びながら作った絵本です。
自分の子どもたちを思いながら、子どもたちに自分の母親の事を伝えたいという気持ちに満ちあふれた作品になっています。
それと同時に、両親を失って自分自身が閉ざされた世界に閉じ籠ってしまった作者が 、いかにしてそれを乗り越えてきたかを伝えようとしている事がよくわかります。
母親に読んでもらった本、母親の優しさ、誰にも好かれる人柄が、天国と空の青いイメージの中で再現されていました。
作品の前後に付された作者の子供時代の写真が、強く生きていくという作者の意思表示と感じました。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


アンドレア・ペトルリック・フセイノヴィッチさんのその他の作品

ノアのはこぶね / コウノトリはどこへいく

まえざわ あきえさんのその他の作品

ねずみさんちの はじめての クリスマス / きかんしゃリトル はじめてのぼうけん / スケートにいこうよ / ピンクだいすき! / ねこたちのてんごく / どうぶつこうむてん こうじちゅう


絵本ナビホーム > 一般 > 絵本 > 絵画・彫刻 > いつか空のうえで

ワクワクドキドキのつちのしたツアーにでかけよう

いつか空のうえで

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット