まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
こちら動物のお医者さん(1) 子犬おおそうどう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

こちら動物のお医者さん(1) 子犬おおそうどう

  • 児童書
作: ルーシー・ダニエルズ
訳: 千葉 茂樹
絵: サカイ ノビー
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「こちら動物のお医者さん(1) 子犬おおそうどう」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年02月
ISBN: 9784593565214

6歳から
B6 17.6×12.3cm
140ページ

9〜10歳 編集部おすすめ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

9歳の女の子マンディは、動物がだいすき。両親はふたりとも獣医で、動物病院をかねた家にはいつもたくさんの動物がいる!今日は、赤ちゃんを産んだラブラドールに会いにいくのだが……。獣医になりたいマンディの奮闘物語。

ベストレビュー

主人公は9歳

千葉茂樹さんの講演会で知った本です。現在、シリーズで四巻目まで出ています。

マンディの両親は獣医。マンディは動物が大好きな9歳の女の子です。

マンディは動物が好きでも、獣医の家ということで動物は飼えません。

マンディは親友になったジェイムズに子犬を紹介します。

幼年童話から読物に移る時の橋渡しになるような内容と分量だと思います。

主人公の女の子が9歳ということから、中学年のお子さんに親近感を持って受け入れられそうです。

特に動物好き、犬を飼っているお子さんには身近に感じることでしょう。

挿絵もかわいいですし、まだ比較的新しい児童書ですが、人気があるのもうなずけます。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ルーシー・ダニエルズさんのその他の作品

こちら動物のお医者さん(12) フェレット迷路 / こちら動物のお医者さん(11) カエルのおひっこし / こちら動物のお医者さん(10) チビ犬どんでんがえし / こちら動物のお医者さん(9) 子ヒツジかんさつノート / こちら動物のお医者さん(8) モルモットおうえんだん / こちら動物のお医者さん(7) ポニー・パレード

千葉 茂樹さんのその他の作品

たいよう 1,000おくに ひとつの たいせつな ほし / 歯のえほん / ソロモンの白いキツネ / スタンリーとちいさな火星人 / 泥 Fuzzy Mud / しぜんのかたち せかいのかたち ―建築家フランク・ロイド・ライトのお話

サカイ ノビーさんのその他の作品

メアリー・ポピンズ AからZ / 完訳 オズの小さな物語 / 完訳 オズのグリンダ / 完訳 オズの魔法 / 完訳 オズのブリキのきこり / 完訳 オズの消えた姫



>絵本エイド ―こころにひかりを―

こちら動物のお医者さん(1) 子犬おおそうどう

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25

パパの声 1人

パパの声一覧へ

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット