話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
スワン ―アンナ・パブロワのゆめ

スワン ―アンナ・パブロワのゆめ

  • 絵本
文: ローレル・スナイダー
絵: ジュリー・モースタッド
訳: 石津 ちひろ
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,760

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2015年10月20日
ISBN: 9784776407119

出版社のおすすめ年齢:低学年〜
312×236ミリ  43ページ


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

みどころ

続きを読む
スワン ―アンナ・パブロワのゆめ

スワン ―アンナ・パブロワのゆめ

出版社からの紹介

バレエの輝きを世界中に伝えた
アンナ・パブロワの心の美しさ、祈りが
多くの皆様の心に届くように…と思います ――森下洋子(松山バレエ団)


世界じゅうにその名を知られる名バレリーナ、アンナ・パブロワの伝記絵本。
ロシアの貧しい家に生まれたアンナは、9歳のときにはじめてバレエの舞台を見て以来、すっかりとりこになります。
夢にむかって努力を続け、世界中にバレエを広めたアンナ・パブロワの人生を、
代表作「ひん死の白鳥」になぞらえ、美しく繊細に描きます。

ベストレビュー

バレエは万人の為に

アンナパブロワの伝記絵本です。
わたしはバレエに疎く、お恥ずかしながら彼女の存在をこの絵本で初めて知りました。
今でこそ、バレリーナというと華奢なイメージがありますが、がっしりした体型がバレリーナの主流だった当時。
家も貧しく、決して恵まれているとはいえない中でも夢を叶え、
また、バレエは万人の為にあると、貧しい子供たちのところなど、世界の至るところでバレエを躍り続けた彼女には本当に感動しました。
努力すること、諦めないことの大切さを教わった気がします。
(tori.madamさん 30代・ママ 女の子7歳、女の子4歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

499円
509円
1,760円
2,035円
2,530円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

1,980円
440円
660円
2,860円

出版社おすすめ




えほん新定番 from 好書好日さこももみさん

スワン ―アンナ・パブロワのゆめ

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.75

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら