新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

新刊
ねえ、おぼえてる?

ねえ、おぼえてる?(偕成社)

国際アンデルセン賞画家賞受賞作家最新刊

  • 泣ける
  • ためしよみ
青函連絡船ものがたり

青函連絡船ものがたり

文: 宮脇 俊三
絵: 黒岩 保美
出版社: 福音館書店

税込価格: ¥1,430

「青函連絡船ものがたり」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1992年10月01日
ISBN: 9784834011234

【絵本ナビ×福音館】福音館の絵本とグッズ、そろってます

ベストレビュー

船について、詳しく学べます

北海道と青森をつなぐ青函トンネルが完成し、廃止となってしまった青函連絡船の歴史や船の構造などについて描かれた絵本です。苦しい生活から逃れようとして、北海道での生活を夢見てたくさんの人が北海道に渡り始め、少しずつ進化をしていった船。大きな客室に売店や食堂なんかもあり、旅の移動まで楽しめそうな船にワクワクします。そんな船がなくなってしまったのは少し悲しいけれど、便利で安全快適な列車の旅ができるようになっていると思うと、列車の旅もまた、やってみたいなと思えました。
(みっとーさん 30代・ママ 男の子10歳、女の子8歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

935円
1,540円
1,540円
1,210円
1,100円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

1,650円
275円
385円
385円

出版社おすすめ

  • はるのおくりもの
    はるのおくりもの
    出版社:日本標準 日本標準の特集ページがあります!
    雪を見たいカエルと見せてあげたいキツネとウサギ。心あたたまるお話を美しい四季の絵にのせてお届けします



編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

青函連絡船ものがたり

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら