新刊
みんなのいえ

みんなのいえ(文溪堂)

たしろちさとさんデビュー作が待望の単行本化!

新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
子どもつなひき騒動

子どもつなひき騒動

  • 絵本
  • 児童書
文: 宝井 琴調
絵: ささめや ゆき
出版社: 福音館書店

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,210

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2017年06月15日
ISBN: 9784834083415

自分で読むなら:小学中学年から
40ページ 22×17cm

【絵本ナビ×福音館】福音館の絵本とグッズ、そろってます

出版社からの紹介

どちらが本当の母親か? 大岡越前名さばき

母ひとり子ひとり、貧しいながらも楽しく暮らしていたお里さんと娘のお花。一方、お花の父親の再婚相手のお絹さんには子どもがおらず、お花が欲しくてたまらない。ある日お花が病気になり、薬代がはらえず途方にくれたお里さんは、娘を助けるためやむなくお絹さんにお花を託すが……。大岡政談の名作が、前作『三方一両損』に続き、宝井琴調・ささめやゆきのコンビによる人情味あふれる講談絵本となって登場!

ベストレビュー

対照的な人柄がよく表れていて、考えさせられる話

江戸時代、裕福な商人の家で夫婦が離婚した後に生まれた子どもをめぐって起きた揉め事と大岡裁きの話。

離婚の原因は書かれていないが、その後の話の展開を読むと、なんとなく大人の事情が見え隠れしている。
最初の妻と、2番目の妻の人柄が正反対と言っていいほど違っている。絵でもその性質がよくわかるようにデフォルメして描かれているが、最初の妻は真面目で愛情深いくて地味な人。2番目は容姿は美しいが情が薄く、利己的で目的のためには手段を選ばない。間に挟まった夫という人は、おそらく最初の奥さんとの生活に飽きてしまい、派手さや刺激を求めて別のタイプの女性に興味を持ったのだろうか。あまり出てこないが、二番目の女性の迫力に押されて、いいように操作されている男のような気がする。

別れた後に生まれた子どもをしっかり育てようとするシングルマザーのけなげな努力は、昔も今も変わらない。
この話では最終的に無理やりハッピーエンドに持っていくが、現時はどうして。いろんな遺恨が残るだろうと思った。
とはいえ、講談は人に夢や希望を与える役割もあるようで。途中はかなり理不尽なことが起きても、最終的にはしっかり改善懲悪的な終わり方をする。
現実の人生もこの話のように、全てがうまくいくと思えるといい。子どもに対する愛情について、考えさせられる一冊。
(渡”邉恵’里’さん 40代・その他の方 )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,320円
1,210円
1,320円
1,650円
1,320円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

440円
473円
3,960円
2,200円

出版社おすすめ




編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

子どもつなひき騒動

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.67

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 1
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 4
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら