話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―

くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―

  • 絵本
再話: ミナ・ジャバアービン
絵: ユージン・イェルチン
訳: 山口 文生
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,540

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2018年01月20日
ISBN: 9784566080317

出版社のおすすめ年齢:低学年〜
28.5×23.5cm 32ページ

出版社からの紹介

大商人のアフマドが、インドから連れてきた大きな生き物。村人たちは、くらやみの中で生き物にさわって「ヘビのよう」「木の幹みたいだ」「扇のようだ」と大騒ぎ。だれも自分の意見を曲げません。さて、本当はどんな生き物だったのでしょう? ペルシャの詩人ルーミーの詩をもとにした、ゆかいなお話です。

ベストレビュー

木を見て森を見ず

大金持ちの商人アフマドは、とてつもなく大きくて不思議な生き物を、インドから連れ帰りました。
この噂はあっという間に広がり、村人たちは生き物を実際に見るために、アフマドの屋敷に押しかけました。
けれどアフマドが寝ていたため、見せてもらうことができません。
我慢できない村人たちは、自分たちで勝手に見ることにしました。

建物の暗闇の中では生き物の全てを把握することはできず、村人たちが見たのは、生き物のほんの一部でした。
そして彼らはその一部を互いに主張し、相手の意見を決して受け入れませんでした。

まるで、木を見て森を見ず、という日本の諺のようです。
この絵本は、イランのルーミーという人物が創った詩を基に作成されているそうです。
物事の一部だけを見て知ったかぶりをする人は、どこにでもいるみたいですね。
大人たちがけんかをしているすぐそばで子どもたちがゾウそのものを受け入れている様子が皮肉で、愉快な気持ちになりました。
(めむたんさん 40代・ママ 男の子19歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

2,090円
748円
1,793円
2,750円
1,540円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

550円
1,848円
495円
330円

出版社おすすめ




編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.67

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら