話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

おじいちゃんが のこしたものは…

おじいちゃんが のこしたものは…

  • 絵本
文: マイケル・モーパーゴ
絵: ジム・フィールド
訳: 佐藤 見果夢
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,760

絵本ナビ在庫 残り3

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2019年09月
ISBN: 9784566080515

23×23cm/40ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

続きを読む

出版社からの紹介

ミアの家族は、毎年クリスマスになると、ずっと昔、おじいちゃんにもらった手紙を読みかえすことにしています。そこには、おじいちゃんが、小さかったミアや、まわりの生き物、植物、自然や地球の未来までをいとおしむ思いがつづられていました。名手モーパーゴが子どもたちへの願いをこめて書いた美しい絵本。

ベストレビュー

クリスマスに読みたい!

おじいちゃんの残した手紙には大切なことがたくさん書かれていました。このおじいちゃんの手紙を家族で毎年クリスマスに読むという習慣にしている孫娘のミア、本文はほぼおじいちゃんの手紙の内容で占められています。
孫に宛てられたおじいちゃんの手紙。それは単純な思い出話だけではなく、おじいちゃんが本当に伝えたいこと、これから生きていくうえで大切なことがぎっしりと書かれていました。それは孫への愛情から来るおじいちゃんなりの危機感だったのかもしれません。
SDGsにもつながる、これから未来に向けて私たちが考えなくてはいけないこと。子どもたちが直面する問題の数々を、私もこのおじいちゃんと同じ気持ちで考えていきたいと思います。とても心に響く一冊でした。我が家もクリスマスにこの絵本を毎年読んで未来のことを考えるきっかけにしたいなと感じました。
(ouchijikanさん 40代・ママ )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,100円
1,320円
1,760円
990円
1,650円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

550円
1,650円
495円
330円

出版社おすすめ




ディズニー映画『アナと雪の女王』10周年 本の世界に踏み出そう

おじいちゃんが のこしたものは…

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら