新刊
世界の国からいただきます!

世界の国からいただきます!(徳間書店)

世界26か国の食べものを紹介した、楽しい大判絵本!

話題
かむもかまぬも神だのみ めちゃヘンな早口ことば

かむもかまぬも神だのみ めちゃヘンな早口ことば(小学館集英社プロダクション)

これ、言える? 言えたらヒーロー! みんなで遊べる! 一瞬で噛んじゃうヘンテコ早口ことば!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ
アグネスさんとわたし
NEXTプラチナブック

2023年2月認定
絵本ナビ NEXTプラチナブック

絵本ナビが特に推薦する作品です。

アグネスさんとわたし

  • 絵本
作: ジュリー・フレット
訳: 横山 和江
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,980

絵本ナビ在庫 残り5

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

絵本クラブ
発行日: 2022年12月16日
ISBN: 9784001127027

56ページ

この作品が含まれるテーマ

関連するスペシャルコンテンツ


引っ越し先で出会ったのは…『アグネスさんとわたし』 【NEXTプラチナブック】

みどころ

続きを読む
アグネスさんとわたし

アグネスさんとわたし

出版社からの紹介

絵を描くのが好きな女の子キャセレナ。かあさんと引っ越した先で、おとなりのおばあさんアグネスさんに出会う。アグネスさんは庭づくりや物づくりが好き。自然やアートを愛するふたりの友情が、四季の移ろいとともに育まれてゆく。カナダのクリー族の文化を伝える注目の絵本作家による、いつまでも心に響く美しい絵本。

ベストレビュー

わたしの心にむけた詩

カナダの先住民クリーの血統を受け継ぐ作家さんによる作品。
クリー語の保存活動をされているということで、
物語にクリー語が織り込まれています。
クリー族の少女、キャサレナが主人公。
お母さんと一緒に引っ越した先の隣人、アグネスさんとの交流が
四季の情景とともに静かに描かれます。
春、海辺の町から、山の丘の上へ。
夏、絵の好きなキャサレナと、土から物作りするアグネスさん。
どうやら共通点を見つけたようで、キャサレナの絵心が影響を受けたようですね。
秋、だんだんと、深くかかわるようになって。
冬、アグネスさんが弱ってきて、キャサリンは行動を起こします。
わたしの心にむけた詩。
ゆっくりと、ともだちとして分かり合える喜びが愛おしいです。
(レイラさん 50代・ママ 男の子29歳、男の子27歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,650円
2,090円
1,257円
990円
1,485円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

3,300円
385円
385円
1,430円

出版社おすすめ




児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

アグネスさんとわたし

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら