新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
ぼうや、おくちをあけて

ぼうや、おくちをあけて

作: エイミー・へスト
絵: アニタ・ジェラーム
訳: 小川 仁央
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,430

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2002年10月
ISBN: 9784566007529

23.8X24.5cm 32ページ

出版社からの紹介

さむい夜のこと。かあさんぐまは、ぼうやをねかしつけています。と、そのとき、ゴホン!ゴホン!ぼうやが、せきをした。でもぼうやは、せきどめのおくすりをのみません。かあさんぐまは、かんがえて…。ベストセラー『どんなにきみがすきだかあててごらん』の作家ジェラームの絵本です。

ベストレビュー

かぜをひいた時のことを思い出し・・・

冬の夜、くまの子のサムがゴホンゴホン。せきをし始めました。おかあさんぐまは、せき止めシロップをスプーンにそそぎ飲ませようとしますが、サムは「おおすぎるよ。」などいろいろ理由をつけ飲もうとしません。うちの子供は、かぜをひいた時のことを思い出し、サムがくすりを飲みたくない気持ちが分かったようでにやにやわらったり、「ちゃんと飲めるでしょ。」とサムをからかったりします。おかあさんぐまの名案でサムはくすりを飲みました。とてもあたたかくてやさしい気持ちになるおはなしでした。
(あおいそらさん 20代・パパ 女の子3歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,100円
660円
1,650円
1,650円
2,200円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

1,100円
275円
550円
1,650円

出版社おすすめ




ディズニー映画『アナと雪の女王』10周年 本の世界に踏み出そう

ぼうや、おくちをあけて

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.2

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら