新刊
ねえ、おぼえてる?

ねえ、おぼえてる?(偕成社)

国際アンデルセン賞画家賞受賞作家最新刊

  • 泣ける
  • ためしよみ
新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
放課後の怪談(1) 暗闇からのびる手

放課後の怪談(1) 暗闇からのびる手

  • 児童書
編: 日本児童文学者協会
絵: 今井 ヨージ 岩清水 さやか
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,100

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2009年03月
ISBN: 9784035388104

出版社のおすすめ年齢:中学年〜
20cm×14cm 166ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

夜中に目をさますと赤ん坊の妹が暗闇にむかって、誰かに話しかけている。ひとりでトイレにいけなくなるほど、こわい怪談10編。

ベストレビュー

タイプの違う怪談・奇談を10篇

2009年刊行。10人の作家による怪談・小編集。現代を生きる小学生が学校内、家庭、旅行先、近所などで体験する奇妙な出来事。それぞれタイプの違う作品が楽しめます。

一番面白かったのは「水虫ゆうれい」(横山充男・作)。怖い話ではありませんが、妙な展開で印象に残った。登場人物がどんどん消されていく理不尽な展開の恐怖ものもあれば、人の心の温かさを感じられるものもあります。怖いだけが怪談ではない、いろんな世界が待っています。

一番怖かったのは「暗闇からのびる手」(ばん ひろこ・作)。話の筋よりも、むしろ、家庭内の人間関係の歪さや、死後に自分の行くべきところに行かず、家族に干渉し続ける死者の身勝手さが恐ろしく感じました。怪談、という趣旨からは外れるかもしれないが、生きている人間のえこひいきや勝手なふるまいが一番恐ろしいと思った一編です。

文字が大きく、話も1話完結なので、どこから読んでもよいでしょう。
大人が読んでも楽しめると思います。人間の想像力の豊かさ、いろんな異界をさまようような読書体験ができます。
(渡”邉恵’里’さん 40代・その他の方 )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,100円
1,100円
660円
1,100円
1,100円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

1,650円
4,950円
5,500円
9,020円

出版社おすすめ




編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

放課後の怪談(1) 暗闇からのびる手

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

ママの声 1人

ママの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら