新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

新刊
ぬまの100かいだてのいえ ミニ

ぬまの100かいだてのいえ ミニ(偕成社)

シリーズ最新刊のボードブック発売!

  • ためしよみ

放課後の怪談(1) 暗闇からのびる手」 渡”邉恵’里’さんの声

放課後の怪談(1) 暗闇からのびる手 編:日本児童文学者協会
絵:今井 ヨージ 岩清水 さやか
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
税込価格:\1,100
発行日:2009年03月
ISBN:9784035388104
評価スコア 4
評価ランキング 29,593
みんなの声 総数 2
「放課後の怪談(1) 暗闇からのびる手」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 2009年刊行。10人の作家による怪談・小編集。現代を生きる小学生が学校内、家庭、旅行先、近所などで体験する奇妙な出来事。それぞれタイプの違う作品が楽しめます。

    一番面白かったのは「水虫ゆうれい」(横山充男・作)。怖い話ではありませんが、妙な展開で印象に残った。登場人物がどんどん消されていく理不尽な展開の恐怖ものもあれば、人の心の温かさを感じられるものもあります。怖いだけが怪談ではない、いろんな世界が待っています。

    一番怖かったのは「暗闇からのびる手」(ばん ひろこ・作)。話の筋よりも、むしろ、家庭内の人間関係の歪さや、死後に自分の行くべきところに行かず、家族に干渉し続ける死者の身勝手さが恐ろしく感じました。怪談、という趣旨からは外れるかもしれないが、生きている人間のえこひいきや勝手なふるまいが一番恐ろしいと思った一編です。

    文字が大きく、話も1話完結なので、どこから読んでもよいでしょう。
    大人が読んでも楽しめると思います。人間の想像力の豊かさ、いろんな異界をさまようような読書体験ができます。

    投稿日:2021/09/29

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「放課後の怪談(1) 暗闇からのびる手」のみんなの声を見る

「放課後の怪談(1) 暗闇からのびる手」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット