新刊
すきなこと にがてなこと

すきなこと にがてなこと(くもん出版)

「すき」と「にがて」でつながる世界を描く絵本。

  • 泣ける
  • 学べる
新刊
ハナペタン

ハナペタン(フレーベル館)

悪い事をするとやってくるというハナペタン…、果たして、敵か?味方か!?

  • 笑える
  • びっくり

海の島 ステフィとネッリの物語」 みんなの声

海の島 ステフィとネッリの物語 著:アニカ・トール
訳:菱木 晃子
出版社:新宿書房
本体価格:\2,000+税
発行日:2006年06月
ISBN:9784880083544
評価スコア 4.5
評価ランキング 8,008
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • スウェーデンが好きになりました。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子10歳

    うちの上の子が、最近ヨーロッパの歴史ものに凝っていると、話したところ、
    よく行く図書館の司書の方に薦めていただきました。
    朝読用に用意したのですが、ちょうど、春休みだったので、普通に(家で)読んでました。

    第二次世界大戦に巻き込まれたユダヤ人の姉妹の物語です。
    ユダヤ人迫害のナチスドイツの話は、「アンネの日記」を筆頭に、かなりの数の児童書が出ていますが、これは、これまで読んだり聞いたりしてきたものとはちょっと違った目線で描かれた物語でした。

    第二次世界大戦中、ヨーロッパのいくつかの国が中立を守っていたのは知っていましたが、
    中でもスウェーデンでは大戦前にユダヤ系の子どもたちを500人、
    その後1942年以降は、ナチス・ドイツに迫害を受けたユダヤ人を
    何度となく受け入れてくれていたそうです。(その数約7千人)

    物語もとてもよかったのですが、訳者の菱木晃子さんの後書きを読んで、この児童書の感動レベルがさらにアップしました!!

    残念ながら、うちの子事態は私ほど感動はなかったようですが、それなりに面白かったそうです。
    私は読んでいて、主人公のステフィが「赤毛のアン」のアンと似てるな〜と、何度も思いました。
    そっくりというわけではないんですが、養女としての立ち位置や、
    友達とのやり取りや、ガンバリ屋で負けず嫌いで、自分を曲げないとことか…。
    続きがあるようなので、続編楽しみです。
    中学生、高校生のお子さんにお薦めです。

    投稿日:2010/04/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • そんな歴史が。

    スウェーデンのお話の本は何冊か我が家にもあります。
    こちらは、ヨーロッパの歴史を知ることもできる要素のある1冊に思いました。
    戦時中のヨーロッパ、そしてユダヤ人たち。
    読書の醍醐味は、読み手とはまた違った環境や立場に置かれている者を知り、想い考えることもまた1つに思います。
    そういう意味では、我が子にも読んでほしい1冊に思いました。

    投稿日:2020/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • スウェーデンで暮らすユダヤ人の姉妹

    菱木晃子さんの講演の中で紹介されていて、翌日早速読み始めました。読み始めたら止まらず一冊目を読み終わりました。

    島で暮らす、養い親、養母は厳格だが実は優しいなど『赤毛のアン』に通じるものがありますが、第二次世界大戦中でウィーンからやって来たユダヤ人の姉妹ということで、背景は決して明るいものではありません。

    そういう状況下であるがゆえに、本当の優しさが身にしみる話でもあります。

    特に養母メルタがステフィを「うちの娘」とかばう場面は読んでいて心が熱くなりました。

    第二次世界大戦中、スウェーデンが中立であったこと、ユダヤ人の子どもたちの受け入れをしていたこと、菱木晃子さんのお話でその当時の背景やステフィとネッリの物語の舞台となった場所のスライドなどを見せていただいたこともあり、物語に自然に入ることができました。

    この本にも菱木さんのあとがきがありますので、よくわかるかと思います。

    続きが楽しみでシリーズすべてを借りてきてよかったと思いました。

    投稿日:2013/12/16

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • おおかみのはなし
    おおかみのはなしの試し読みができます!
    おおかみのはなし
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ことば遊び絵本『はやくちこぶた』の三びきのこぶたとおおかみが繰り広げる楽しいお話
  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット