新刊
ワニのガルド

ワニのガルド(偕成社)

おーなり由子が描く、さびしい人だけに見えるワニと女の子のお話。

  • ためしよみ

ロベルトのてがみ」 みんなの声

ロベルトのてがみ 作:マリー・ホール・エッツ
訳:こみや ゆう
出版社:好学社 好学社の特集ページがあります!
税込価格:\1,760
発行日:2016年01月07日
ISBN:9784769022206
評価スコア 4.6
評価ランキング 4,338
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 素敵な1冊です。

    小学校低学年くらいのお子さんの一人読みにもぴったりな1冊に思いました。
    マリー、ホール、エッツさんの描く、シンプルな色合いながらもとっても素敵で魅力的なイラストが、ストーリーをわかりやすくしています。
    裏表紙の手紙がもう何ともいいですね。
    学ぶことの本当の意味もわかる気がしました。

    投稿日:2022/05/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 気持ちがあって

    字が書けるから手紙をかくのではなくて
    思いがあるからこそ学びたいと思う。
    それが勉強の大切なところですよね。
    百点のために学ぶのではなくて、学んだことを何かにいかすことや
    何かのために学びたいという気持ちをもつこと。
    ロベルトの気持ちがしっかりあの手紙に入っていて
    自分は母親の目線でしか読むことができませんので
    読んでいて涙が出そうになりました。

    投稿日:2016/11/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 学ぶことの大切さを実感

    マリー・ホール・エッツの『もりのなか』と『わたしとあそんで』は、私も子供たちも大好きな作品です。そのエッツの作品ということで、ぜひ読んでみたいと思いました。
    移民の暮らしの様子が淡々とリアルに描かれています。
    子供の成長を見ながら、学ぶことの楽しさや大切さを強く感じることができました。大人も感動できる内容です。

    投稿日:2016/08/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 移民家族の成長

    メキシコからアメリカに移民してきた家族の、さまざまな葛藤や心の育ちが淡々と描かれていて、移民問題を考えさせられる作品になっています。
    先ずは貧困問題でしょうか。
    決して豊かではない大家族は、ゆとりを持った生活が出来ません。
    家族の絆がギスギスしてしまって、生活は暴力的で不安定。
    父親が妻を家から追い出すところまで荒んでしまいました。
    次に言葉の障害。
    学校に通っている長男の他は、英語を話せないので回りの人とのコミュニケーションが上手く取れません。
    ロベルトが移民問題を象徴して描かれていているように感じます。
    人と馴染めなかったロベルトが、友だちを作ったのは英語を理解するようになったからでした。
    また、たどたどしい英語で、母親に手紙を書いたことが、崩壊しかけた家族を回復するのです。
    この作品から色々な事を考えることができると思いますが、何より表紙裏にあるロベルトの手紙が本題。
    家族って子どもたちに支えられているのですね。

    投稿日:2016/04/01

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ゾロリと3つの試練に挑んでプログラミング思考を育てよう

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット