もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

海のぷかぷか ただよう海の生きもの」 みんなの声

海のぷかぷか ただよう海の生きもの 写真:高久 至
文:寒竹 孝子
出版社:アリス館 アリス館の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2017年05月10日
ISBN:9784752007975
評価スコア 4.25
評価ランキング 17,488
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 見返しには本文中に登場した海の生き物たちが勢ぞろい

    • てんぐざるさん
    • 50代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子23歳、女の子18歳

    写真絵本です。
    海の中の小さな生き物。クラゲの仲間やキビナゴ。ちいさな天使クリオネやイカやタコ、ウミウシなどの軟体動物。
    メガイの仲間たちも透明でとてもきれいでした。
    なかなか見ることのできない海の中での自然な姿は、とても楽しげで見ているこちらも頬がほころびました。

    最後の見返しには本文中に登場した海の生き物たちが勢ぞろいで紹介されていました。
    1匹1匹とても素敵で、何回も見てしまいました。
    ただ写真絵本ですし、解説も多いし、写真を壊さないためにテキストの文字が白抜きになっているところが多いので、読み聞かせには向かないかな〜と、思います。
    ぜひ、図書室や図書館などで、夏の思い出などのコーナーを作って紹介してほしいです。

    投稿日:2018/09/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 浮遊感

    ただよう海の生きもの、と副題にあります。
    水中写真家による、海中で浮遊する生き物たちをとらえた写真絵本です。
    といっても、ある意味図鑑レベルの解説もあり、読みごたえはあります。
    手に取ってじっくり読む作品です。
    ただ、その浮遊感が素敵で、その世界を楽しむのもいいかもしれませんね。
    水中という環境ならではの、透明度の高い命の形は、やはりため息モノです。
    独特のアングルにも、感謝です。
    撮影者の、海の生きものたちへの優しいまなざしも感じられました。
    小学校中学年くらいからでしょうか。

    投稿日:2017/08/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 娘と盛り上がりました!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子10歳、女の子6歳

    6歳の娘と読みました。

    すっごくきれいな表紙に、
    中身は全ページカラー写真、
    しかも素敵にプカプカ海でただよう深海生物たちの様子に、
    水族館に来ているかのような気分になれます!

    普段はお目にかかれないような海のいきものたち。
    あかちゃんたちの小さいかわいらしい様子。
    かわいいのになんか???な生き物もあります。

    たとえば、タコの仲間のあかちゃん。
    目のしたに足がついていて、
    頭のうえにおなかがあります。

    だそうです。
    うん???どうなってるの???
    と書いてあって、これは私と娘で大爆笑でした。
    この絵本いちばんのツボは、このタコちゃんで決まりです。

    イカの仲間の赤ちゃんも素敵。
    透き通った透明な体に、かわいらしい赤やだいだいいろの斑点。
    これが体の成長とともに広がって、紅いイカの体の色になるんだそうな。

    やーこんな素敵な写真と、知識が、
    寝る前にベッドの中で得られるのですから、
    絵本って本当にスゴイ!
    感謝感謝の一冊です!

    投稿日:2017/08/04

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット