話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

紙芝居 1.だいこんのとこやさん2.もしもあめのかわりに」 みんなの声

紙芝居 1.だいこんのとこやさん2.もしもあめのかわりに 原作:村山 籌子
脚本:堀尾 青史
絵:瀬名恵子
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:1977年10月
ISBN:9784494074877
評価スコア 4
評価ランキング 25,298
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 2作品がセットになっています

    • みいのさん
    • 60代
    • その他の方
    • 東京都

    「だいこん〜」が8場面、「もしも〜」が4場面の2作品セットです。
    「だいこんのとこやさん」を特別支援学級で読みました。
    地域の図書館でお借りしたのは2006年第8刷発行でわりとキレイでしたが、初版が1977年ということもあり、言葉に少し古さを感じました。「しくじり」「くさくさする」などを言い換えてもよかったかなと思いました。先生方のほうがウケがよかったです。

    「もしもあめのかわりに」は空から動物が降ってくるというファンタジーで、内心、動物虐待?と思って、今回は読まなかったのですが、せなけいこさんの絵がとても可愛いくて素敵です。
    気になって調べてみると、作者の村山籌子さんが大正時代に発表された詩であることがわかりました。
    そして、あの「はれときどきぶた」が人形劇として舞台化された時のメインテーマとしても、素晴らしい楽曲になって歌われていたことを知りました。「はれときどきぶた」のイメージで見直すと、楽しい作品だと気付きました。

    投稿日:2019/11/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • だいこんのとこやさん

    だいこんの親子で出張散髪にいったところ、

    子供大根が大失敗。

    たまねぎの頭の根っこを切りすぎたことで、

    町中に相手にされなくなってしまった親子。

    この展開にちょっと驚きました。

    ここからどうやって終わらせるのか・・・。

    ドキドキしながら見ましたが、瀬名さんの絵も助けて、

    いやな気分にならず、最後まで楽しめました。

    野菜の生態を考えれば、そうでしたね。

    投稿日:2013/05/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 切っちゃった!

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子2歳、男の子0歳

    だいこんのとこやさん と もしもあめのかわりにの二本立ての紙芝居です。
    だいこんのとこやさんは
    大好きなせなけいこさんの絵がかわいく、ストーリーもワクワクヒヤヒヤしつつも最後は安心して「よかった」と笑いながら終わります
    たまねぎさんの子の髪をちょっきんって根元から切っちゃったあと
    のりでくっつけようとするところとかは
    いかにも子供らしくおかしかったです
    そして評判が落ちてお客が来なくなるという現実、
    他の仕事をすることを考える様子等々、社会を知るための勉強にもなるような気がします
    上の4歳の子のほうが楽しんでいたかもしれません



    投稿日:2011/12/29

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



2月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(3人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット