こそあどの森の物語(2) まよなかの魔女の秘密」 みんなの声

こそあどの森の物語(2) まよなかの魔女の秘密 作・絵:岡田 淳
出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,700+税
発行日:1995年
ISBN:9784652006122
評価スコア 4.4
評価ランキング 11,280
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 悪夢のすいり

    【子どもレビュー】(小5・女の子)
    ポットさんを鳥にした犯人が、トマトさんだと
    分かった時、びっくりしてしまいました。
    しかも、その時の記おくがないので、悪夢
    みたいだと思いました。スキッパーの、はんだんが
    すごいと思います。わざと、秘密をばらすからです。
    そのおかげで、ポットさんは助かりました。
    機転をきかしたはんだん、よかったと思います。


    クリックして拡大

    投稿日:2015/05/20

    参考になりました
    感謝
    2
  • 第2巻!

    小学校4年生の娘の国語の教科書に、こちらのシリーズ児童書が「シリーズものの本」とて紹介されています。
    小学校中学年の子供の読書にぴったりなシリーズに思います。
    気に入ったら、どんどん続きを読めるのも、シリーズものの嬉しいところですね!

    投稿日:2020/04/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大好きなこそあどの森シリーズ。今回はポットさんとトマトさんが主役と行っても過言ではないです。
    スキッパーが出逢うフクロウ。最初はその動きがかわいらしく、とっても不思議なフクロウにほっこり。
    しかし、物語が進むにつれてハラハラドキドキ
    フクロウの存在と、その秘密にびっくりの連続です。
    最後は、トマトさんのポットさんへの愛と、ポットさんのやさしさがにじみ出た作品です。
    毎年出てくるトメイトウさん。今後のお話にも出てくるのか楽しみです。

    投稿日:2016/07/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • ポットさんとトマトさん

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    おしどり夫婦なポットさんとトマトさんにスポットが当たったお話です。
    トマトさんにこんな秘密があったなんてびっくりしました。
    ふたごちゃん、スキッパーは頭がいいですね。
    ポットさん、トマトさんが互いを想っているのも良く伝わってきて良かったです。
    シリーズを順番に読んでいるとさらっと読み飛ばしてしまうかもしれませんが、順番に読んでなかった私はシリーズにちらちら出てくるホタルギツネがうまれた理由がわかってそうだったんだと思いました。

    投稿日:2015/03/12

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / 100万回生きたねこ / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / バムとケロのにちようび / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


ウソばかりつく悪い子の所には、じごくわらしが来るかも!

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット