新刊
すきなこと にがてなこと

すきなこと にがてなこと(くもん出版)

「すき」と「にがて」でつながる世界を描く絵本。

  • 泣ける
  • 学べる
新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト

なぜ?どうして?がおがおぶーっ! 2 ライオンたてがみなぜあるの? 」 みんなの声

なぜ?どうして?がおがおぶーっ! 2 ライオンたてがみなぜあるの? 作・絵:リラ・プラップ
出版社:アノニマ・スタジオ
税込価格:\1,100
発行日:2009年04月
ISBN:9784877586782
評価スコア 4.5
評価ランキング 7,791
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • こちらのシリーズの1を読んでとってもおもしろかったので、娘のリクエストで2も読みました。

    基本的な構成は1と変わらずで、数種類の動物たちの不思議について楽しみながら学ぶことができます。

    6歳の娘は知らないことも多くあったみたいですが、あとから確認してみたらしっかりと頭に入ってることに驚きました。娘は図鑑をじーっと見つめて知識を得るタイプではなく、こういったお話の方が合っているんだな〜とつくづくと感じました♪

    投稿日:2021/06/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 動物のなぜ?について考えてみよう!

    • ぼんぬさん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子4歳

    ライオンやカメレオン、ホッキョクグマなどの「なぜ?」「どうして?」について楽しく考える絵本です。珍回答がたくさん!珍回答の真似をして発想するのが楽しいです。ユーモアたっぷりの回答に笑いがこみ上げてきます。正解がもちろん書いてあり、プラスαの知識も載っていて満足の1冊です。

    投稿日:2020/07/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵本でもおもしろい

    NHKのテレビで何度か見たことがあります。

    その絵本を見つけたので、早速読んでみました。

    この絵本のなかにヤマアラシが出てきますが、

    この絵本で覚えました。

    新発見がいっぱい。

    大人も一緒に関心しながら読むことができました。

    一緒になぜ?どうして?を考えながら読めるので

    楽しく勉強ができる一冊です。

    ほかのシリーズも是非よみたいです。

    投稿日:2012/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • これも面白い

    ライオン好きな息子。
    テレビでもおなじみだったので
    飛びついていました。

    この絵本は動物のなぜなぜが面白く
    そしてわかりやすく書かれています。
    それぞれの動物のページの色彩が
    きれいなのも良かったです。
    はまって繰り返し読んでいる絵本です。

    投稿日:2009/05/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • もっと読みたい!

    「がおがおぶー」の絵本が同時に2冊出てうれしい限り。テレビに出てくるみんなの答えがおもしろく、絵を見ているだけでとても楽しいです。「しまうましましまんぜあるの?」に出てこなかった動物もここでは説明されています。娘はイルカがお気に入りです。
    テレビではまだまだいろいろな動物をやっていたので、早く続編が出て欲しいです。

    投稿日:2009/05/26

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばああそび / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / バムとケロのさむいあさ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


内堀タケシさんの写真絵本「ランドセルは海を越えて」 不要になったランドセルをアフガニスタンへ届けて17年

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット