虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!

なにをたべてきたの?」 みんなの声

なにをたべてきたの? 文:岸田 衿子
絵:長野 博一
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1978年05月
ISBN:9784333003204
評価スコア 4.66
評価ランキング 2,294
みんなの声 総数 223
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

223件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • マイベスト5に入る一冊

    娘が生まれてから、1500冊以上の絵本を読んできました。
    その中でも、マイベスト5に入る一冊です。
    初めて読んだのは、娘が2歳くらいだったと思います。
    すごく気に入って、毎晩のように読まされました。
    図書館で借りたので、手元には無いのですが、
    何かで紹介されているのを見るたび、
    「もう一度、読みたい!!」と強く思う一冊でした。

    なんていうか・・・この豚、すごく肌がキレイ(笑)
    思わず触りたくなります。
    白ともピンクともいえる美肌に
    灯りをともすように果物の鮮やかな色彩が映えます☆
    この絵だけでも、十分な価値があります。
    そして、更に素晴らしいのは、
    「食べました。体に色がつきました」で終わりではなく、
    うまーく、リセットされるところ。
    さすがの岸田衿子さんという印象です!

    2歳だった娘、5歳になった娘、
    覚えていない娘は、2回感動を味わえたようです(笑)
    本当に素晴らしい絵本です。超オススメします!!

    投稿日:2011/12/27

    参考になりました
    感謝
    5
  • 子どもにとって

    わが子が小さい時に、一番読んだ絵本です。
    しろぶたくんの食べる果物の美味しそうなこと!レモンは酸っぱいのに…と心配しながらも、食べるたびにキレイな色になるんです。うわーっ、きれいだね、って 目を見張ります。
    石鹸の時は本当にドキドキして心配になります。石鹸なんか食べちゃダメ!って。
    でも食べちゃって、コロコロしちゃって、どうするのぉ…ってハラハラして。
    何度も何度も読みました。幼い子どもの心の動きが分かって、読んでいる私も楽しかったです。
    わが子が大きくなって、最近はおはなし会で本を読む機会があります。幼い子ども達のおはなし会でも定番です。絵がきれいで大きいですし、文章も無駄がなく優しいです。
    小さい子どもたちと共感できるって素晴らしいですね。きっとこれからもずっと読み継がれる絵本だと思います。

    投稿日:2015/11/13

    参考になりました
    感謝
    3
  • 美味しそう!

    表紙の可愛さと、絵本のタイトルから手に取ったのがきっかけでした。
    果物が大好きな娘がぶたさんとリンクしたら楽しいかなー、と思いました。

    開いてみると、シンプルなぶたさんなのに
    カラフルで美味しそうな果物!
    それだけでワクワクして読むことができました。

    娘も果物の名前を言ったり、次に出てくるものを色で当てたり、ぶたさんを可愛がったり、心配したり。
    表情をくるくるかえて楽しんでいます。

    ただ読むだけでなく、絵を見て創造力を働かせたり、親子で会話を膨らませたり、楽しみ方もたくさんある絵本だと思います。

    お友だちのぶたさんたちも、色があるのに、とても綺麗な色になっていくぶたさんとの対比も面白い。
    でも、彼らの豚の種類の表現がちぐはぐ?子供に聞かれて答えるのが少し難しいところです。

    ご飯を食べながら、娘が自分のお腹の色を気にするようになって可愛いです。

    投稿日:2013/09/18

    参考になりました
    感謝
    3
  • 透明感のある色に惹かれ

    白いキャンパスに鉛筆で
    描かれたような柔らかで優しい線、
    透明感のある色に惹かれました。

    でてくる食べ物がみずみずしくて、
    そのどれもおいしそうなことと言ったら…
    1歳すぎた息子も、手を出しては
    白豚君よりもさきに食べていました。

    お腹が空いているところから、
    どんどん食べていってきれいになっていく
    白豚君の表情も細かく描かれいて素敵です。

    最後の色んな豚くん達が集まるシーンになると息子は
    「これは?」「これは?」といって
    それぞれの豚の名前を聞いてきます。
    いろんな豚がでてくるのも魅力的なのでしょうか。
    息子はなぜか「ハンプシャーくん」がお気に入りです。

    投稿日:2011/12/05

    参考になりました
    感謝
    3
  • 色が新鮮☆

    • コトーさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子3歳

    白ぶたさんがりんごを食べるとお腹のなかも赤い色に、レモンを食べると黄色に・・・食べるものによって白ぶたさんの体に色が追加されていく。きれいになっていく自分の姿に魅せられて、もっときれいになりたくてついに石鹸を食べてしまう・・・。

    色って子供が大好きなもの。息子も黄色が大のお気に入り。自分の好きな黄色がレモンだったので「すっぱいよ〜」と顔をしかめながらしろぶたさんの表情を見ています。絵本を見終わった後でも、赤はりんご、黄色はレモン。緑はメロン、紫は・・・というように楽しんでいます。
    色を楽しむ絵本は色々ありますが、この本はストーリーが分かりやすいが驚きも隠れていて色もストーリーも楽しめる絵本です。

    投稿日:2008/12/26

    参考になりました
    感謝
    3
  • 初めて。手にした時は、外国の方の作品かと思いました。

    背景が白色系でありながら、主人公のしろぶたくんが、際だち見えるのは、表情の豊かさでしょうね。
    おなかの空いたしろぶたくんが、赤・黄・緑と色彩の鮮やかなフルーツを食べると、おなかにその色が入り込んだ様子も綺麗です。
    食べる″って、こういうことなんだって、小さい読者さんは再認識できることでしょう。
    そして、さらにしろぶたくんが紫色のフルーツを食べ、・・・・・・。

    石鹸は食べちゃだめって解っているお子さんは、身を乗り出すんじゃないでしょうか?
    ここから、もう一つ素敵な展開があります。

    未就学児向けの楽しい作品でした。

    投稿日:2015/07/19

    参考になりました
    感謝
    2
  • 素敵な色使い☆

    この絵本に出てくる動物や、特にブタくんが食べる果物の色が優しく美しいです。ブタくんの表情も豊かで愛らしい。
    動物たちの質問に子供も一緒になって考えて答えたり、ページをめくるたびにワクワクするような楽しいお話になっています。
    石鹸を食べてしまうところは子供たちもびっくりして楽しんでいます。
    シャボン玉もすごくキレイな色で素敵です。

    原色の絵本も良いと思いますが、私はこんな優しい色使いの絵本を読んで心の優しい情緒豊かな子供に育ってほしいなぁと思います。
    大人も楽しめる素敵な絵本だと思います☆

    投稿日:2014/04/02

    参考になりました
    感謝
    2
  • おもしろい!

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子2歳

    娘も私も好きな本です。
    娘が2歳になる前くらいに大好きになりました。当時の娘にとっては少し長めのように思えたのですが、週に3回くらいは読んでいました。いまでも思い出したように時々読んでほしいといいます。子供にとってとても魅力的な本のようです。
    絵も本物みたいで綺麗だし、こどもが興味を持ちやすい‘食べること’‘くだもの’‘ぶたさん’が出てくるのも、興味を持ちやすいポイントかもしれません。せっけんを食べるところもおもしろいようで、「○○ちゃんもせっけん食べる〜」とよく言ってました。
    一番のおもしろさは、りんごを食べるとお腹の中が赤くなる、ぶどうを食べるとお腹の中が紫になる・・・というところでしょうか。
    2歳9ヶ月の娘は自分のうんちを見て、「なに食べたからこの色なのかなぁ」と言います。これはこの本の影響かしら・・・と微笑ましくみています。
    大人も子供も、ぜひ一度読んでみてほしいです!!

    投稿日:2014/04/01

    参考になりました
    感謝
    2
  • ずっと心に残る優しい絵

    子供の頃、毎日母に絵本を読んでもらっていました。
    その中で大人になった今でも頭に浮かぶ、しろぶたくんのあの表情。
    タイトルも忘れてしまっていましたが見つけました。
    子供の絵本を選ぶ時に!
    「あっ!これ!!あった〜!!」
    嬉しくて思わずひとりごと(笑)
    昔母としていたように、今度は娘と
    絵本に描かれた美味しそうなブドウやリンゴやメロンやレモンを
    「パクっパクっ」と食べるふりをしています。

    心に残る優しい絵は娘の心も掴んだようで
    毎日持ってきては「読んで!」とせがんできます。

    親子で大好きな絵本です。

    投稿日:2014/03/27

    参考になりました
    感謝
    2
  • 絵本に積み重なる思い!

    ロングセラーの絵本としてとても有名な絵本です。我が家でも下の子が幼稚園前まではよく手に取って読んでいましたが、最近はご無沙汰でした。今回の企画をきっかけに再度手に取ってみました。すごく懐かしかったです。

    当時の子ども達の絵本に対する反応がページをめくるたびに鮮明に蘇ってきました。次は何を食べるのかな〜とワクワクしながらページをめくって、食べた物がお腹の中で綺麗な色に色づく瞬間は純粋に感動していました。またラストの「なにをたべてきたの?」という問いには一生懸命考えて教えてくれたのを覚えています。子ども達は今でもこの絵本の事を覚えていて表紙を見ただけでこの色はリンゴ、この色はメロンだよ、そして・・・と色々教えてくれました。

    絵本って子どもだけでなく、毎日のように読み聞かせしている親にとってもその時々の思いが積み重なっていくんだな〜と改めて実感しました。子ども達が親になっても子ども達へとどんどん読み継がれていって欲しいなと思いました。

    投稿日:2014/03/23

    参考になりました
    感謝
    2

223件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



おやすみ前にぴったりの絵本!本をなでたり、ゆらしたり♪

全ページためしよみ
年齢別絵本セット