話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
新刊
さかなくん

さかなくん(偕成社)

水の外の小学校に通うには、準備がいります。

  • かわいい
  • ためしよみ

おにのこくんがやってきた!」 みんなの声

おにのこくんがやってきた! 作:こわせ たまみ
絵:秋里 信子
出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
税込価格:\1,210
発行日:2000年
ISBN:9784569682105
評価スコア 4.5
評価ランキング 7,670
みんなの声 総数 7
「おにのこくんがやってきた!」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ほほ〜

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子4歳、男の子2歳

    「なるほど!」って思いました。鬼って本当はこの絵本のように、人間についた悪い虫を持っていってくれているのかもしれませんね。
    泣き虫、弱虫、怒り虫・・・
    いるいる、我が子の中にもいっぱいいる!
    来年の節分にはきっと持っていってもらおう^^
    楽しい節分になりそうで楽しみです♪節分前にもしっかり読んであげなくては!

    投稿日:2010/11/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • 心の中の弱い鬼をやっつけよう!

    どこにでもいそうな男の子ゆうちゃんが主人公です。
    豆まきをしようとお父さんを待っている・・というのもなんだかどこの家庭でもありそうな風景で、子どももわかりやすいなと思いました。

    このストーリーは堅苦しい節分の由来ではなく、心の中の弱い鬼をやっつけるんだよというメッセージを子どもにもわかりやすく教えてくれるところがいいと思いました。

    鬼=怖い・・という恐怖心だけを持っている子もいるので、みんなの心の中に住んでいる泣き虫鬼、怒りんぼ鬼、好き嫌い鬼・・・色んな鬼をやっつけてくれるんだね!と子どもにもわかりやすい言葉で豆まきの大切さを教えてくれました。

    イラストがほんわかあったかく、鬼の描写も怖くないのでそれも良いなと思いました。

    投稿日:2019/01/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本当は、優しい鬼なんだね

    タイトルに惹かれて図書館から借りてきました。おにのこくんがとても可愛く描けてました。おなかの中にいる”よわむし””なきむし””おこりむし”おとうさんおにが広げた袋に入れて持って行ってくれました。本当は、おには、優しいんだと思いました。節分に読みたいと思いました。

    投稿日:2018/12/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 節分にちょうどいい

    • キースパパさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子3歳、女の子1歳

    節分にちょうどいい絵本です。ほのぼのタッチの和やかな絵で、節分の鬼がうちにきたという展開で、色々なことが描かれています。ほー、節分ってそういう意味もあったんだ、と最後はちょっと感心してしまいました。節分とはただ鬼を外にやっつける行事だと思っている方には、一読をおすすめします。

    投稿日:2014/05/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • おなかをさすりながら

    4〜5歳児に読みました
    季節的には早いけど、ゆうちゃんシリーズが好きな子どもたちのリクエストにお答えして・・・・
    よわむし、なきむし、おこりむしはみーんなおにが退治してくれるんだ
    そんなお話に子どもたちは、おなかをさすりながら真剣なまなざしで聞いていました
    おにも怖いだけじゃないんだと、よくわかったみたいで、楽しんでました
    節分の頃に読み聞かせをお勧めします

    投稿日:2012/12/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • うちのむしもとっていってくれないかな?

    4歳3ヶ月の息子に読んでやりました。節分のお話なのでちょっと時期がずれてしまいましたが、なかなかおもしろいお話です。本当は、おにがきて、いろいろな「むし」を食べてくれるとか・・・・。息子の「むし」もとってくれると助かるし、私の「むし」もとってくれないかな・・・と思っちゃいました。いろんな虫にどんどんおかされていくのかもしれないので、1年の掃除にいいかもしれませんね。こういう豆まきもいいですね。

    投稿日:2011/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • おにっていい人なんだぁ〜

    下の子が鬼が苦手で、一年のうち大嫌いな行事だったまめまき・・・。
    狂ったように泣き叫び大変な事になってました!

    どうにか鬼のイメージアップにと思って購入した一冊です。

    節分に来る鬼は、体の中のいやな虫を持っていってくれる鬼なのです。
    “泣き虫””怒り虫”“弱虫”・・・・
    絵がかわいくて、親しみやすいので子供もすんなり聞いていました。
    この時期、幼稚園や保育園に出てきたり、鬼のお面を見ただけでも怖い!なんてお子さんにおすすめです!
    うちの子は豆まきの後ぐずると
    “あぁまた鬼さんに来てもらって、虫持って行ってもらわないとだめかな〜”
    この一言がかなり強力でしたよ!

    投稿日:2004/01/29

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『たんぽぽのちいさいたねこちゃん』なかやみわさんインタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット