となりのトトロ となりのトトロ
原作: 宮崎 駿  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

怪物はささやく」 みんなの声

怪物はささやく 作:シヴォーン・ダウド(原案)/パトリックス・ネス(著)
絵:ジム・ケイ
訳:池田 真紀子
出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2011年11月
ISBN:9784751522226
評価スコア 4.25
評価ランキング 18,130
みんなの声 総数 3
「怪物はささやく」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 読み終えて、下の子は号泣しました。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子12歳、

    2012年の中学生夏休み推薦図書の1冊なので、今はよく書店や図書館で見かけます。
    ボランティア仲間の息子さんが、すっごく真剣に読んでいた。と聞いて、早速うちの子にも用意してみました。

    中1と高2の二人とも読んでくれたのですが、下の子の方は読み終えてから号泣。
    「コナーが可哀そうだ〜。この本に出てくる大人たち(特に先生だそうです)は、なんでわかってあげなかったんだ〜」と怒り……、
    「怪物はなんだったんだろう」「なんで12時7分にしか来なかったんだろう?」と、聞いてきました。
    その答えをうっかり言ってしまったら、また号泣。
    年の近い“コナー”を見ていて、身近な「親の死」というものをすごく間近に感じて、怖くなってしまったようでした。
    この本を読んだその夜は、久しぶりに寝付くまで子どもの手を握ってあげました。
    高2の上の子は「怪物の正体が気になって、一気に読んじゃたよ〜」といってました。

    さて、この物語には二人の作者がいるそうです。
    「原案(キャラクター・舞台・導入)」まで創作していたのにもかかわらず、はかなくも急逝したシヴォーン・ダウトさんの遺作を基に、
    パトリックス・ネスさんが1つの作品に仕上げられたそうです。

    物語の中で、「怪物」は主人公コナーに何を伝えようとしているのか、なぜ、「怪物」がコナーの前に現われたのか、
    最後の最後まで引っ張って行かれます。

    うちの下の子みたいに、感受性が強かったり、こわがりのお子さんには少し辛いお話かもしれませんが、
    私は主人公コナーと、同世代の子どもたちにぜひ読んでもらいたいな〜と、思いました。
    「身近な人の死」に関わらず、
    成長して、大人になるにつれて、世の中の矛盾や憤り……、
    その他、生きていく上で関わってくる呪縛のような“想いや関係性”と正面切って向き合って、対決(またはその壁を乗り越えるような試練)しなくてはいけない時が、いつかは必ずきます。

    この物語の中で、主人公コナーは「怪物」に出会うことで、(すぐには無理でも)前に進む原動力を見つけました。
    だから、これを読んだ人たちももし何かあった時、そのことを乗り越えていくきっかけを見つけることができるような気がしました。

    好き嫌いは出る作品かもしれませんが、とても心に残るメッセージ性の強い作品です。
    それほど長いお話ではないので、興味のある方はぜひ一度読んでみてください。
    大人の方にもお薦めです。

    投稿日:2012/08/07

    参考になりました
    感謝
    2
  • 大量のティッシュの山

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、男の子3歳

    よくお薦めされているので気になっていたのですが、
    タイトルや挿絵が不気味で読むのに抵抗がありました。
    しかし、読んでいくうえでどんどん謎が解けていくので、
    気になって一気に読んでしまいました。

    途中からは、涙が止まらず、
    大量のティッシュの山ができました。

    主人公の気持ちだけでなく、
    母親の気持ちが痛いほどわかり、
    つらかったです。

    投稿日:2019/06/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 遺作

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子7歳、女の子5歳、女の子1歳

    遺作を別の作者が完成させたという2人の共著作品です。
    夜ごとコナーのもとを訪れ、おとぎ話?のような話をする怪物。
    絵も迫力がありました。
    怪物はいったい何がしたいのか、この物語の着地点はどこかわからないままに読みました。
    人間の善悪、矛盾しているようで実際にあり得るというか…複雑ですがわかります。
    美しさ、そして悲しさがあるお話ですが、共感もできました。

    投稿日:2018/08/31

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



中川ひろたかさん、まるやまあやこさんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット