話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
ロングセラー
に〜っこり

に〜っこり(くもん出版)

赤ちゃんの笑顔はまわりのみんなを幸せにしてくれます。累計発行部数33万部突破の人気シリーズ第1巻!

  • かわいい
  • ギフト
  • 全ページ
  • ためしよみ

龍の子太郎」 みんなの声

龍の子太郎 著者:松谷 みよ子
画家:田代三善
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1995年09月
ISBN:9784062611596
評価スコア 3.67
評価ランキング 40,017
みんなの声 総数 2
「龍の子太郎」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • なつかしい

    読んでみたら、昔読んだなあとなつかしい気分になりました。

    龍の子 魔物の子 と言われた太郎は、人に優しく 動物に優しく 分け与えたり守ったりできる素敵な男の子。親のいない、あやと仲良くなり、あるとき母が生きているかもしれないとしり、龍になった母を探します。

    途中で会った人や鬼に優しくしたからこその最後のシーン。
    龍母も、わがみを捨てたからこそのエンディング。

    感動できました。ちょっと泣けます。

    長いので、むすめには読み聞かせしました。

    投稿日:2016/09/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • 母をたずねて

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    松谷みよ子さんの代表作ということで読んでみました。
    初めて読みました。子供の時に出会えなかったな。
    龍に変身してしまった母親をさがしに、龍の子太郎が旅に出ます。
    どうしておかあさんは龍になってしまったのだろう?と思いながら読みました。
    母と子の物語ですねー。子供との絆を感じてよかったです。
    太郎を育ててくれたおばあさんも立派だと思います。
    最初は怠け者だった龍の子太郎が、女の子を助けたり、鬼を倒したり、活躍をします。

    投稿日:2015/05/01

    参考になりました
    感謝
    1

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



カエルの大人気シリーズ。ちょっとかわったおやすみ絵本

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット