虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
りおらんらんさん 40代・ママ

表情がみえる
虫の写真絵本です。 虫って表情がみえ…

おかあさんの顔」 みんなの声

おかあさんの顔 文:ロディ・ドイル
絵:フレヤ・ブラックウッド
訳:石津 ちひろ
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2013年10月
ISBN:9784577041017
評価スコア 4.67
評価ランキング 2,241
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 小さな頃、お母さんを亡くした、シボーンは、父と二人暮らし。お母さんの顔を思い出せないことを悲しく思っていました。
    そんなある日、公園でひとりの女の人に会います。その人は、どうしたらお母さんの顔を思い出せるか教えてくれます。
    月日がたち、シボーンは女の子を授かります。ある日、鏡を見ると自分の顔が、あの女の人にそっくりだと気付きます。あの人が自分の母だったのです。
    それから、父は初めて、母についていろいろ話してくれました。
    物語は淡々と進みますが、それがかえって、読者にいろいろなことを考えさせてくれるのかも知れません。
    一見穏やかな暮らしをしている人も、心にいろいろな苦しみた悲しみを抱えているのかもしれません。
    切ないけれど、ちょっと心が温かくなり、人に優しくできるようになれそうな素敵な絵本です。
    絵も物語にぴったりで、柔らかく優しいタッチと色彩です。

    投稿日:2014/01/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • おかあさんが、生きていてよかったです!

    シボーンのおかあさんが、3歳の時に亡くなったと思っていたのが

    おかあさんが生きていたのが、私にはよかったなあと思いました

    事情があって、おとうさんとおかあさんは、別れたとは思いますが

    おとうさんは、そう思わなければ生きていけないほど、おかあさん

    を愛していたんだと思いました。おとうさんが、おかあさんとも

    思い出話ができるようになって、よかったなあと思いました。

    投稿日:2019/11/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何とも心にしみるお話です。
    母親の顔を知らないで育ったシーボンは父独り子独りで育ちます。
    三歳の時に母親を亡くしたシーボンですが、家の中に母親の思い出につながる物が何もないということに、びっくりします。
    いわくのありそうな設定ですが、公園でシーボンの巡りあった女の人が謎めいて、物語をミステリアスにしたてています。

    投稿日:2016/10/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 命は、確かにつながっています

    アイルランドの作家さんが、ご自身のお母さんの体験をモデルに書かれたそうです。

    主人公のシーボンは、大きな家に父と二人暮らし。
    3歳のころ、お母さんを亡くし、お父さんはいつも淋しそうで、お母さんについては何も話してくれず、自分の殻に閉じ籠ってばかりです。
    こういうお父さんは、もしかしたら現実の世界では多いのかもしれませんね。
    きっとお母さんをとても深く愛していたから、喪失の痛みから向けきれず、子どもにも語れないのでしょう。

    そんなシーボンは、10歳の頃、自分のお母さんの顔を覚えていないということに気づきます。
    家じゅう探しても、お母さんの写真は一枚も見つかりません。
    悲しいですね。お母さんの写真が一枚もないなんて。

    覚えているのは、お母さんの手のぬくもり・声。
    顔を思い出せないシーボンにとって、心の晴れることはありません。
    外では、そんな気持ちをおくびにも出さない明るく活発な女の子ですが、小さなこころの痛みが、どんどん大きくなって行き、ますますお母さんが遠い所へ行ってしまうような気がします。
    ある日、公園で大きな木の下に座っていると、一人の女の人に声をかけられ・・・・・・。

    あ〜そういうことだったのか。
    なんて素敵なお母さんなんだろうと涙してしまいました。

    最後に出て来るシーボンのお嬢さん、つまりこの作品の作者さんのお顔も、おばあちゃんにそっくりですね。
    命は、確かにつながっています。

    投稿日:2015/10/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • オシャレでやさしい色使いの絵

    3歳の頃にお母さんを亡くし、おかあさんの顔を覚えていないシボーン。声や手のぬくもりや、してくれたことは覚えているのに、顔を思い出せないことを寂しく思っていました。
    そんなとき、家の近くの公園で声をかけられた女の人に、鏡を見るといいわよと教えてもらうのです。
    はじめはちょっと寂しいお話かな?と思っていたのですが、じわじわと温かい気持ちを感じられます。お母さんの明るい雰囲気に救われる感じです。
    10歳の娘も「このお話好き」と言っていました。
    オシャレでやさしい色使いの絵が、お話の雰囲気とぴったり合っていました。

    投稿日:2014/07/12

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / うずらちゃんのかくれんぼ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『新レインボー小学国語辞典 改訂第6版』監修者・金田一秀穂さんインタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 3
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 2

全ページためしよみ
年齢別絵本セット