話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

話題
お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう

お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう(学研)

4歳からできる、金銭教育!新聞やTVで話題の幼児ドリル♪キャンペーン対象

ぼくのブック・ウーマン」 8歳のお子さんに読んだ みんなの声

ぼくのブック・ウーマン 作:ヘザー・ヘンソン
絵:デイビッド・スモール
訳:藤原 宏之
出版社:さ・え・ら書房
本体価格:\1,400+税
発行日:2010年04月
ISBN:9784378041247
評価スコア 4.73
評価ランキング 1,135
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く

8歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 図書館で本を借りれる環境に感謝

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、女の子3歳

    8歳の息子と読みました。

    図書館で本を借りてくることがあたりまえの日常になっている
    私たち。
    私も子供たちも、読みたい本があれば、パソコンを開けて予約して、
    取り寄せ完了のメールがきたら、とりにいく。

    そんな便利な環境が当たり前でないことを気付かされた
    眼からうろこの一冊です。

    自分たちが置かれている環境のありがたみ、
    そして、子供たちに本を届けたいというブック・ウーマンたちの
    情熱が、ひしひしと伝わってくる素敵な一冊でした。

    私も息子も、いつでも本を入手して読めるという環境に
    感謝しながら生きていかなければと思った一冊でした。

    投稿日:2014/12/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 人に勧めたくなる本

    あとがきによると、ルーズベルト大統領の時代に「荷馬図書館計画」というものがあり、辺境の地に本を届けるブック・ウーマンという職業があったということです。

    実話ならではの真実味があるお話です。

    ぼくの家族が、ブック・ウーマンへのお礼として野菜や木いちごを渡そうとした時に「この本に、お金はいりません。空気みたいにただなんです」と断るところがとても粋に感じます。

    読み終わった時に余韻が残る本だと思いました。

    本を読むことも字を覚えることも興味のなかったぼくが、ブック・ウーマンが霧の日も雪の日も絶えず届け続けるその行為を見て、少しずつ心を揺り動かされ変化していくところ感動的です。

    他にも感動した場面はあるのですがすべて書いてしまうとネタバレになってしまうので書けないのが残念です。

    私は人から勧められて読みましたが、読んだ後、また人に勧めたくなる本だと思います。

    本の良さを伝える、僻地にも文化を送り続けるこのような仕事があって今があるのだなあと思います。

    投稿日:2010/05/13

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ぼくのブック・ウーマン」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / おおきなかぶ / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ずっと変わらない瞳…小鳥と少女の心の交流を描いた感動作

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.73)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット