ハロウィンのかくれんぼ ハロウィンのかくれんぼ
作: いしかわ こうじ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
ハロウィンのかくれんぼ

ねずみのマウスキンときんいろのいえ」 レイラさんの声

ねずみのマウスキンときんいろのいえ 作・絵:エドナ・ミラー
訳:今泉 吉晴
出版社:さ・え・ら書房
本体価格:\1,000+税
発行日:1980年
ISBN:9784378001012
評価スコア 3.8
評価ランキング 35,211
みんなの声 総数 4
「ねずみのマウスキンときんいろのいえ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • カボチャちょうちんに住むねずみ

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子18歳、男の子15歳

    題名だけではわかりませんが、表紙の絵を見て納得。
    金色の家というのはカボチャちょうちんなんですね。
    シロアシネズミのマウスキンは、ハロウィーンまつりの後捨てられたカボチャちょうちんを見つけます。
    中は空洞、いい塩梅に目鼻口は出入り口にぴったり。
    その快適な生活が描かれます。
    寒く凍りつくような冬も大丈夫、というラストの展開は面白いです。
    なるほど、こんな活用方法があるのですね。
    まさしく、外観も機能性も「GOLDEN HOUSE」。
    写実的な絵ですが、それだからこそ、マウスキンがとてもかわいらしいです。
    次々に出会う動物たちの様子も実にリアルで、その光景が活写されています。
    森の様子も感じられます。
    その丁寧な絵を、ぜひ子どもたちにも届けてあげたいです。
    少し長いお話ですが、絵の力で、子どもたちをぐいぐい惹きつけてくれると思います。

    投稿日:2011/10/23

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ねずみのマウスキンときんいろのいえ」のみんなの声を見る

「ねずみのマウスキンときんいろのいえ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ぐりとぐら / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / しろくまちゃんのほっとけーき / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


『100円たんけん』<br>岡本よしろうさんインタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(3.8)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット