虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まことあつさん 30代・ママ

虫を見る目がかわる
虫好きな息子たちのために 今まで様々…

石ころ地球のかけら」 てぃんくてぃんくさんの声

石ころ地球のかけら 作:桂雄三
絵:平野 恵理子
出版社:福音館書店
本体価格:\1,300+税
発行日:1998年
ISBN:9784834015133
評価スコア 4.22
評価ランキング 19,053
みんなの声 総数 8
「石ころ地球のかけら」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 石ころの旅

    石ころって、どうやってできるの?
    水や風の旅を描いた絵本はあれど、石は貴重かも??
    プレートやマグマといった、子どもにはなじみのない言葉も出てきますが、そこは聞き手の理解度に対して説明をつけながらいかがでしょう。
    私は地球の真ん中が熱い(マグマ)というのを、ドラえもんで覚えました〜。

    というわけで、とってもおもしろい、知的好奇心を満足させる内容でした。
    化石もあんな風にできていくのですね。よく「ここは昔 海だった」と言いますが、あぁいう状況なのですね。よくわかりました。
    娘と二人でハマったのが、石の模様を検証するページ。
    写真の石それぞれにできた模様を、今まで読んだ「石ころのできかた」に合わせて実例として載せてあるのです。
    一度は目にしたことのある模様ばかり。
    これからはじっくり石ころの模様を眺めてしまいそう。

    石ころは、まさに地球のかけらということがよくわかります。
    早くても年長からでしょうか。普通は小学生が読むのだと思います。
    海水浴の前に一緒に読むのも楽しそうですね。

    投稿日:2008/04/02

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「石ころ地球のかけら」のみんなの声を見る

「石ころ地球のかけら」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • わたしのおかいもの
    わたしのおかいもの
    作:株式会社アーク・コミュニケーションズ 絵:わたなべ ちいこ 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    ★女の子の「大好き」を詰め込んだバッグ★ デパートでのお買い物を楽しめる、バッグ型しかけ絵本


【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その7

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.22)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット