宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

カロリーヌ カナダへいく」 molanさんの声

カロリーヌ カナダへいく 作・絵:ピエール・プロブスト
訳:山下 明生
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1999年
ISBN:9784892387074
評価スコア 4.33
評価ランキング 12,583
みんなの声 総数 2
「カロリーヌ カナダへいく」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • カナダ旅行をしている気分♪

    • molanさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子8歳、男の子4歳

    カロリーヌたちは、遠縁のおじいさんの写真を手がかりに、一軒の丸太小屋を探しにカナダへ出かけます。

    かんじき体験から始まり、カヌーの川下り、川の上の材木運び、ビーバーたちのおうち、メープルシロップの楽しみ方…
    カナダに行ったことはありませんが、カナダの魅力がたくさん詰まっているように感じます。
     
    個人的に好きなのは、原住民の女の子に耳の毛を三つ編みにしてもらっているユピーの絵です(笑)
    ストーリーもいいですし絵も伸びやかで、シリーズ中特にお気に入りの1冊です。

    投稿日:2019/01/10

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「カロリーヌ カナダへいく」のみんなの声を見る

「カロリーヌ カナダへいく」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

わたしのワンピース / おててがでたよ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


ママ・パパが感動で涙。全米100万部突破の絵本、ついに邦訳!

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット