虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まことあつさん 30代・ママ

虫を見る目がかわる
虫好きな息子たちのために 今まで様々…

ママ、ママ、おなかがいたいよ」 クッチーナママさんの声

ママ、ママ、おなかがいたいよ 作:レミー・シャーリップ バートン・サプリー
絵:レミー・シャーリップ バートン・サプリー
訳:つぼい いくみ
出版社:福音館書店
本体価格:\1,300+税
発行日:1981年11月30日
ISBN:9784834008616
評価スコア 4.64
評価ランキング 2,730
みんなの声 総数 58
「ママ、ママ、おなかがいたいよ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 美しい切り絵と楽しいお話

    影絵芝居の面白さを堪能できる絵本です。美しい切り絵と楽しいお話に、子どもも私もすぐに引き込まれました。
    机の下にもぐりこんで、「だれかわたしのぼうしをみなかった?」と捜し物をするお母さんのそばで、おなかがぱんぱんにふくらんだ男の子が、「ママ、ママ、おなかがいたいよ。おいしゃさんよんで」と言っている場面からおはなしが始まります。 往診にきたお医者さんが、「こんな病気、みたことないぞ、一刻も早く入院だ!」と、男の子とお母さんを病院につれていくと、ボールのように大きくふくらんだ男の子のおなかから、出てくる、出てくる、リンゴ、ボール、ろうそくがついたハースデーケーキがまるのまま、スパゲッティもお皿ごと、ソーセージもずるずるつながったまま出てきます。前のぺージでシルエットが見えて、次のぺージで色つきの絵を見ることができる。まるで、手品をみているようです。ありもしないことが目の前で起こるナンセンスの面白さ。次は何がでてくるかなとワクワクドキドキ、目が離せません。男の子の家、お医者さんの家、外、病院と場面が変わるたびに背景に使う色が変えてあるというのもシャレていて素敵。
    この絵本をヒントに、家で子供たちに影絵芝居をやってみようかなと思いました。幼稚園や学校でのおはなし会に使ってもよさそうです。

    投稿日:2012/02/15

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ママ、ママ、おなかがいたいよ」のみんなの声を見る

「ママ、ママ、おなかがいたいよ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



みやこしあきこさん×シドニー・スミスさん インタビュー

みんなの声(58人)

絵本の評価(4.64)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット