宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

わんぱくだんのたからじま」 ムスカンさんの声

わんぱくだんのたからじま 作:ゆきの ゆみこ 上野 与志
絵:末崎 茂樹
出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1992年
ISBN:9784893255815
評価スコア 4.7
評価ランキング 1,481
みんなの声 総数 29
「わんぱくだんのたからじま」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • ワクワク冒険ものがたり

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子10歳、女の子5歳

    5歳の娘と読みました。

    わんぱくだんシリーズが大好きな娘は、
    保育園でも仲間を募ってわんぱくだんを結成したいらしく、
    毎回絵本の中のわんぱくだんの冒険にとっても憧れています。

    何冊も読んでいるうちに先を読む力がついたのか、
    今回の公園→海賊→公園の流れについても、
    あっここでほんとのせかいにもどるとおもう❗と
    得意顔の娘でした。

    流れとオチが分かっていても、
    十分楽しめるのがわんぱくだんシリーズ。

    公園で自分たちが作った砂の怪物を海賊の世界で倒したり、
    自分たちが宝物として埋めたビー玉を探し出したり、
    本当に子供の目線でワクワクすることがたっくさんつまった一冊です。

    投稿日:2016/10/11

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「わんぱくだんのたからじま」のみんなの声を見る

「わんぱくだんのたからじま」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記

みんなの声(29人)

絵本の評価(4.7)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット