新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
新刊
PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦

PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦(フレーベル館)

大人気の『PUI PUI モルカー』ストーリーブック第3巻!

TOP500

にゃごにゃご隊長

ママ・40代・兵庫県、男の子8歳

  • Line
自己紹介
育児をきっかけに、絵本の世界にハマってしまいました。
尽きることのない世界の探求に心を躍らせています。
再び絵本へ導いてくれた息子に感謝!

にゃごにゃご隊長さんの声

303件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 「寄り添う」とは  投稿日:2022/05/30
きみのことが だいすき
きみのことが だいすき 作: いぬいさえこ
出版社: パイ インターナショナル
声に出して朗読してみました。
なんて優しいお母さん。
そう、お母さんはこうでなくっちゃ!
でも現実は?自分はどう?
つい周りの子どもと比べてしまい、必死になってしまうのです。
ある時、そんな様子の私を見かねた周囲の大人たちから、「もっと〇〇くんに寄り添ってあげて」と言われ、がーん、と頭を殴られたような気がしました。
自分は子どもに寄り添えていないダメな母親なのか。みんな口を揃えて言う「寄り添う」ってなんなんだ。こんなに子どものことを想っているのに。モヤモヤした気持ちでいっぱいでした。
あの時の自分にそっとこの本を渡したいです。「寄り添う」ってこういうことだよと。
子育てがうまくいかないと感じるのは、往々にして子どものせいではなく、親の心構えの問題なのかもしれないと、あらためて感じさせられる一冊でした。
最後にショートメッセージを書き込むページもあり、小さい子どもを育てるお母さんにプレゼントしたいなと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ラブラブ  投稿日:2022/05/30
だいすきだよ おつきさまにとどくほど
だいすきだよ おつきさまにとどくほど 作: アメリア・ヘップワース
絵: ティム・ウォーンズ
訳: 前田 まゆみ

出版社: パイ インターナショナル
「大好きだよ?」の気持ちを親子でいっぱい共有できるラブラブな一冊です。
小さな子どもさんのベッドタイムに読めば、幸せな気分で安心して眠りにつくことができるでしょうね。
日本語と英語の両方が書かれているので、原作はこうなのね、と興味深く読みました。
繰り返し読むことで、子どもが英語の響きに慣れることも期待できますよ。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 労い、あるいは気づきを与えてくれる  投稿日:2022/05/30
おかあさんのおかげだよ
おかあさんのおかげだよ 作: コビ・ヤマダ
絵: ナタリー・ラッセル
訳: 前田 まゆみ

出版社: パイ インターナショナル
タイトルをみて、読む前は「子どもから母親に贈る感謝の絵本」かと思ったのですが、読んでみると全く印象が違いました。
これはですね、育児真っ只中の母親に、周囲の大人が贈るのにふさわしい一冊のような気がします。夫からとか、友達からとか。
「あなたが今がんばっている子育ては、こんなに子どものためになっているんだよ。だから大変だけどがんばってね」だったり、「子どもには母親の存在がこんなに大事なんだよ。だからもっと関わってあげてね」というメッセージだったり。
小さな子どもはまだそんなことは考えられないし、伝えることもできないけれど、母親がこれを読むことで、自分の子育てに自信を持てたり、あるいは小さな気づきを与えることができるかもしれないな、と思いました。
私は育児中の若い友達に労いの意味でプレゼントしたいと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい はまりました  投稿日:2022/04/24
つるばら村シリーズ(2) つるばら村の三日月屋さん
つるばら村シリーズ(2) つるばら村の三日月屋さん 作: 茂市 久美子
絵: 中村 悦子

出版社: 講談社
教材の一部に抜粋されていました。
気になったので借りて、三年生の息子と夢中で読みました。
こういう本との出会いがあるから読書やめられないんです。
もちろんパンやさんも読みました。シリーズ沢山あるようなのでうれしい!
きっと読破します。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい はまってます  投稿日:2022/04/24
ミルキー杉山のあなたも名探偵19 にちようびは名探偵
ミルキー杉山のあなたも名探偵19 にちようびは名探偵 作: 杉山 亮
絵: 中川 大輔

出版社: 偕成社
息子が二年生の時に初めて与えて、以後すっかりはまってシリーズ読破しようとしています。
今回はツタンカーメンやら弁慶やら出てきてお勉強にも一役かっています。
5月にまた新刊が出るそうで嬉しい限りです。
大人が読んでも面白いですよ。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 名作ですよ!  投稿日:2021/05/24
たぬき先生大ぼうけん
たぬき先生大ぼうけん 文: 寺村 輝夫
絵: エム・ナマエ

出版社: 旺文社
人気作家の寺村輝夫さんのとっても楽しい物語が、現在は廃盤となっていることを知り、非常に勿体ないと思い、レビューを書くことにしました。図書館にはあると思うのでぜひお読みくださいね。


動物のタヌキの話じゃありません。
「佐貫歯科医院」のさぬき先生なのですが、子どもたちからは「たぬき先生」と呼ばれています。

夏のある雷雨の日、たぬき先生の前に不思議な少女が現れます。
どう見ても小学3年生くらいにしか見えないのに、30才だ、看護婦として雇ってくれというのです。名前は回文の「なりたりな」

そういうわけで、「リナという三十才の子どもは」という愉快な表現になります。

リナはたぬき先生が秘密にしている虫歯のことをなぜか知っています。
リナが治療をしようとするのですが、診察台に座ることを拒むたぬき先生に、
「おとなのくせに、いうことをきけないの?だからむしばになるんです」
と一喝します。さらに歯磨きについて、
「先生は、ひとにはいうけど、じぶんではやりませんね。はいしゃのくせに」とたたみかけます。なかなか痛快です。

リナはその治療方法もかなり変わっています。
歯茎を切って、歯の種を植えるのです。
「こやし」代わりの注射を嫌がるたぬき先生には「いつもはかんじゃにするくせに」と一言。強いリナ。

そして無事に治療は終わり、ほかの患者さんが。出迎えるのは看護婦の仕事だというたぬき先生に、リナは、
「ここでは先生のやくよ。じぶんのむしばもなおせないくせに」
また「くせに」が出た。笑

実際、その後もリナの方がテキパキしっかりしているのです。珍客が次々訪れては、りながたぬき先生の横から的確な指示を出してさばいていきます。

最後はアフリカらしき草原へ。

さぁ「ナリタリナ」は一体何者だったのでしょう?


後書きに書かれていますが、作者はアフリカがとってもお好きなんですね。
このシリーズ、もう一作ありまして、『たぬき先生だいじっけん』といいますが、そちらも大変おもしろかったです。
合わせて復刊を望みます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 「かわいそうなぞう」の話も  投稿日:2021/05/06
きつねとたんぽぽ
きつねとたんぽぽ 作: 松谷 みよ子
絵: いせひでこ

出版社: 小峰書店
松谷みよこさんのお話だ、と図書館で何気なく借りた一冊でしたが、読んで良かったです。
小さなお話がいくつか入っています。
どれも素敵、さすが松谷さん。

最後のお話は、戦時中、上野動物園にいたかわいそうなぞう花子のお話が盛り込まれていました。
お母さんが息子たちに優しく話して聞かせるのですが、それを息子に読み聞かせている私がいる…それがなんだか楽しく感じました。
このお母さんは、つい現実的なことを言って子供を怯えさせてしまう私とは違って、とても強く優しく素敵で、反省させられました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 大切なもの  投稿日:2021/05/06
一さつのおくりもの
一さつのおくりもの 作: 森山 京
絵: 鴨下 潤

出版社: 講談社
学校の図書便りでオススメされていた一冊。

災害時の助け合いの姿、思いやりの心が描かれていました。

日本では近年、毎年のように各地で水害がおこっているので、とてもリアルに、身近に感じられます。

被災地に送る本を選ぶ時、汚れひとつない本を選ぼうとするクマタ。偉いですね。
しかしそれは一冊しかなく、一番のお気に入り…
それを手離すなんて、なかなかできる決断ではありませんね。

きっとこの後、クマタはウサギの女の子と友情を育むでしょう。それは大切な一冊と引き換えにしてあまりある大きなものに違いありません。
クマタの決断とお母さんの見守りに拍手。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大人にも!  投稿日:2021/04/27
小学館の図鑑NEO+ 分解する図鑑
小学館の図鑑NEO+ 分解する図鑑 著: 水野 仁輔
監修: 石井 克枝 森下 信

出版社: 小学館
パパが購入。
大人にとってもおもしろすぎて、ずっと読んでいました。
うちの子はまだそこまでハマってませんが、好きな子にとってはたまらないと思います。
分解する対象が最新のものという点がとてもいいです。
物の仕組みが学べますよ!
プレゼントにもおすすめ!!
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 名作  投稿日:2021/04/27
番ねずみのヤカちゃん
番ねずみのヤカちゃん 作: R・ウィルバー
絵: 大社 玲子
訳: 松岡 享子

出版社: 福音館書店
色々なところで紹介されていて、タイトルが妙に耳に残っていました。
読んでみて納得、楽しい本です。
大声のヤカちゃんのセリフだけ字のレイアウトを工夫していて読みやすい。
物語も楽しいけれど、絵も秀逸!
覗いているヤカちゃん、イラストとは思えないリアルさがあります。
すごいなー!
参考になりました。 0人

303件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

町のかわりものアーサーが神話のせかいで大かつやくする 冒険ファンタジー!! ブラウンストーンいちぞくの冒険シリーズ第1弾『アーサーと金いろのつな』みんなの声大募集!

出版社おすすめ

  • ぼんさいじいさま
    ぼんさいじいさま
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ある春の日に訪れた、最期の一日。 ぼんさいじいさまのまわりには沢山のありがとうとさよならがありました

全ページためしよみ
年齢別絵本セット