新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ

にゃごにゃご隊長さんの公開ページ

にゃごにゃご隊長さんのプロフィール

ママ・40代・兵庫県、男の子7歳

自己紹介
育児をきっかけに、絵本の世界にハマってしまいました。
尽きることのない世界の探求に心を躍らせています。
再び絵本へ導いてくれた息子に感謝!

にゃごにゃご隊長さんの声

291件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい じっくり読んで!  投稿日:2020/09/24
おおきな きが ほしい
おおきな きが ほしい 作: 佐藤 さとる
絵: 村上 勉

出版社: 偕成社
何かで紹介されていて読みました。

男の子の空想で、立派なツリーハウスができあがっていきます。

男の子の服装はもちろん、窓の解放具合、テーブルに飾られた花、訪れる虫や小動物、寝具に至るまで、四季の移ろいが感じられます。じっくり絵を見比べると楽しい発見がそこここに。

最近あまりない、とても素直な本。
何十年たっても色あせない名作だと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 笑いこらえて読み聞かせ  投稿日:2020/09/14
なぞなぞライオン
なぞなぞライオン 作・絵: 佐々木 マキ
出版社: 理論社
小一の子供用に借りたのですが、面白さがもう少し上の子向けだったかも。楽しんでいましたが、隅々まで味わうには小三くらい?がオススメです。もちろん大人でも十分面白いです!読み聞かせしながら笑いこらえてましたから。笑

1話目はライオンですが、2話目、3話目は違う動物です。テーマもなぞなぞだけじゃなく、早口言葉とか。早口言葉も既存のものの進化系と言いますか、オカシイです。笑笑

なんと言っても魅力的なのはこの女の子の強さ!パンダコパンダのミミちゃんを更に賢く強くした感じとでも言いましょうか。

まだまだ知らない、古いおもしろ本、山ほどあるんだろうなぁ。発掘しなければ勿体ないですね!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 大人向け?  投稿日:2020/08/14
やっぱりおおかみ
やっぱりおおかみ 作・絵: ささき まき
出版社: 福音館書店
ずっと気になっていた一冊。
ようやく読んでみたものの、「?」といった読後感。鈍感な私は一度ではこの絵本の魅力がわかりませんでした。
方々で高く評価されている理由はなんなんだろう?まさか絵だけじゃないはず。
しかもヨシタケシンスケさんが、「大人になって再読した時に、この絵本の深さに気付いた」とおっしゃっていたので、そこに気づきたい、という思いで慎重に再読しました。

墓場のシーン。おばけがいっぴき。
おばけが他のおばけを呼びに行き、
気球が。
気球は空のまま空へ…
その時6歳の子どもが「乗りたければ乗れたのにね」と。あっ!そっかー。

そこでやっと納得。ラストの言葉にもつながり、スッキリ。
確かに深いです。とても3歳からの絵本とは思えない。
みなさんはこの絵本をどのように読んでらっしゃるのかなー、ととても気になりました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 思い出の一冊。  投稿日:2020/08/13
チョコレートのたねあげます
チョコレートのたねあげます 作: 木暮 正夫
絵: 黒井 健

出版社: 岩崎書店
小学一年生の頃だったでしょうか。自分で読んで「わ!おもしろい!」と大興奮し、母に読んで聞かせた記憶があります。
主人公の男の子が一人で留守番しているところへ謎のヤマネコが訪ねて来るのですが、ドア越しの二人のやりとりがユーモラスで。

ヤマネコがくれたチョコレートの種という不思議なモノ。それを植木鉢にまいて水をやったら、銀紙に包まれたチョコレートの実がなるんです。それはほっぺたが落ちるほどおいしくて。。
黒井健さんの挿絵のそのチョコレートの実があまりにも魅力的で、大人になってもずっと記憶に残っていました。
不思議で、夢のある良書です。

今は残念なことに廃盤となってしまったようですが、なぜこんなに楽しい本が廃盤になるのか解せません。
図書館でぜひお借りいただきたいなぁ、と思いレビュー書かせてもらいました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 良書です◎  投稿日:2020/08/13
こぎつねいちねんせい
こぎつねいちねんせい 作: 斉藤 洋
絵: にき まゆ

出版社: あかね書房
前情報なしに、たまたま図書館で出会った一冊ですが、とってもよかった!
テーブルに置いていたら、珍しく先に子どもが読んで、「これ、おもしろいよ」と教えてくれました。呪文のカラクリにすぐ気づいたようです。
私も読んでみたら、途中で『ルドルフとイッパイアッテナ』みたい!と思う箇所があり、それもそのはず、作者が一緒だったんですね^ ^
ストーリー自体も楽しいのですが、無駄がなくユーモアたっぷりな文章がこの物語の最大の魅力だと感じます。
絵も表情豊かで可愛らしく、この物語にぴったりなところがとてもよかった。
それにしても、こんな優しい先生、いいなぁ!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 新一年生におすすめ!  投稿日:2020/07/18
教室はまちがうところだ
教室はまちがうところだ 作: 蒔田晋治
絵: 長谷川 知子

出版社: 子どもの未来社
担任の先生のオススメの一冊ということで読んでみました。
子供は学級で読んでもらったとのことでした。

すごくいいです!
書いてること全部がいいです!
低学年は特にこんな考えの先生であってほしいですね。

私自身、3年生の時の担任がこのような先生で、間違った意見を言っても否定せずに必ず黒板に書いてくれるので、安心して発言できました。その先生の温かい笑顔は今でも鮮明に覚えています。

我が子は授業についていけている方なので、逆に間違ったお友達を笑ったり否定したり馬鹿にしたりしてはいけないということを、この本で学べたのではないかと思います。

みんなで伸びていけますように。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 子供の成長  投稿日:2020/07/18
ジェインのもうふ
ジェインのもうふ 作: アーサー・ミラー
絵: アル・パーカー
訳: 厨川 圭子

出版社: 偕成社
6才の我が子にもお気に入りの毛布があるので、ジェインの名前や「モーモー」をそれぞれ、我が子のそれに置き換えて読みました。

私はあえて毛布を卒業させなくてもいいかな、と思っているので、この本を読むことで「卒業しなくちゃ」と思わないか少し心配でしたが、そんな風には思わなかったようで安心しました(笑)
ジェインの毛布ほどにはボロボロになっていないせいかな?

我が子もいつかお気に入りの毛布を探さない日がくるのでしょう。
喜ぶべき成長ですが、さみしいような。
毛布を捨てられないのは母親である私かもしれませんね。笑
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 疑問解決!  投稿日:2020/07/18
ツバメ観察記
ツバメ観察記 文・写真: 考森まさひで
出版社: 福音館書店
子供の通学路にツバメの巣が2つあり、日々観察している中で、色々と疑問が浮かび、この本を読んでみました。
著者が熱心に観察したツバメと巣の様子が事細かに分かりやすく書かれてありました。
数々の疑問が一気に解決しました!
ツバメは一夏に2回子育てをするなんて、知りませんでした〜
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大爆笑!!!  投稿日:2020/06/28
パパぺんぎんとたまご
パパぺんぎんとたまご 作: フランス・クアトロム
絵: ザビエル・ブロンカード
訳: 木坂 涼

出版社: マイクロマガジン社
小一の息子と一緒に読みました。
ペンギン好き、卵好き、ユーモラス絵本好きの我が子は、この表紙をみただけで「見たい見たい!」と期待値マックス!
いかにもおもしろそうなイラストですものね。親の私もわくわくしながら読み始めました。

ママに卵の守りを頼まれて初めてその存在に気づき、パパの自覚をもつことになった、ちょっととぼけた感じ漂うパパペンギン。
そこから肌身離さず卵を守る姿がとってもユーモラスに描かれていて、すごくおもしろい!
そして、ず〜っとがんばっていたパパペンギンが、どうしても勝てず卵を置いて一人出掛けてしまう理由がまた可笑しくて、息子と「ダメー!持って行かなきゃ!!」と駄目出ししながらも大笑い。

そして私たちの心配通り、卵は無くなり・・・
その後、おとぼけパパペンギンならではの勘違いでとんでもないことに!
あらら?しっかり者だと思っていたママペンギンも実は似たもの夫婦だったのですね。そしてなんと、おとぼけ者はこのペンギン夫婦だけではなかった!!
ラストは息子と折り重なるようにして大爆笑!!!
いや〜、こんなにゆるくて可愛くて笑える絵本、最高です。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい これだけは  投稿日:2020/06/13
これだけは知っておきたい こども図鑑
これだけは知っておきたい こども図鑑 日本語版監修: 多摩六都科学館
翻訳: 大浜 千尋

出版社: パイ インターナショナル
図書館で借りたのですが、内容が多岐にわたり、なかなかポイントを押さえて書かれていると思います。新作なので、図鑑にありがちな古臭さもなく。
英語も書かれていますが、こちらは見出し部分と言いますか、本文が全て英訳されているわけではありません。が、変なカタカナ読みがふられているわけでもなく、英語ではこう表現するのか?と親である私も勉強になったりします。
あくまでも「これだけは」と情報を盛り込みすぎず、項目は限られているため、内容が薄いのは仕方がなく、子供がこの本で興味をもった分野をさらに別の本なり媒体によって広げてあげるべきでしょう。
4才?となっていますが、小学低学年くらいまでは役立ちそうです。雨が降る仕組みがわかりやすく、説明しやすかったです。
親子共々気に入ったので、わが家の本棚に追加予定。内容の割に分厚いですが、装丁も美しく、素敵な一冊であることは間違いないです。
日本人向けに作られたものではないので、世界は日本が中心ではない、ということも感じられるかもしれません。
以上、レビューが無かったので書いてみました。
参考になりました。 1人

291件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

カエルの大人気シリーズ。ちょっとかわったおやすみ絵本

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット