となりのトトロ となりのトトロ
原作: 宮崎 駿  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

mimyi331さんの公開ページ

mimyi331さんのプロフィール

ママ・50代・

mimyi331さんの声

28件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 絵がとてもキレイ  投稿日:2009/06/07
むかしむかしとらとねこは… 中国のむかし話より
むかしむかしとらとねこは… 中国のむかし話より 作: 大島 英太郎
出版社: 福音館書店
絵がとてもすてきです。リアルなタッチなのにとらやねこが練習着(?)を着ていたり、二本足で立ってたり。でも不思議と自然なんですよね〜。お話もちゃんとオチがあってなるほど〜と唸ってしまいました。3年生のクラスで読み聞かせをした時に読んだのですが、反応が良かった気がします。
ちょっとのろまで間抜けなとらが、我が家の超大型犬とダブってしまい、愛らしいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい オオカミだって。。。  投稿日:2008/05/08
オオカミのひみつ
オオカミのひみつ 作: きむら ゆういち
絵: 田島 征三

出版社: 偕成社
学校の読み聞かせに選びました。森で一番恐れられているオオカミが、実は小さな「シャクトリムシ」が大嫌いで、それを森のみんなにばれないようにごまかすところが面白い絵本でした。最後にシャクトリムシのすみかに飛び込んでしまってパニックになるオオカミがかわいくて・・・。子どもたちも大ウケでした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 1、2、3、4・・・  投稿日:2004/03/12
げんきなマドレーヌ
げんきなマドレーヌ 作・絵: ルドウィッヒ・ベーメルマンス
訳: 瀬田 貞二

出版社: 福音館書店
ちょうど数に興味を持ち始めたときに届いたので、初めはページをめくるごとに「いーち、にー、さーん・・・」と数え始めてなかなか先に読み進めることが出来ませんでした。おかげで12まではすらすら数えることが出来るようになりました〜。
短い文章でリズムがあるので、それも気に入ったようで何度も「読んで〜」とせがまれて、そのうち覚えてしまったようで一人でもそれっぽく読んでいて、微笑ましく思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 一緒に寝てみたい!!  投稿日:2003/11/21
そらまめくんのベッド
そらまめくんのベッド 作・絵: なかや みわ
出版社: 福音館書店
自分だけのベッドって特別な存在なんでしょうね。我が家の3歳の娘にもベッドを買ってあげたら、かなりうれしかったらしく、セールスに来た知らないおじさんにまで『ベッド買ったのよー』と自慢するほど。だからそらまめくんの気持ちもよく分かるのか、何度も何度も読んでーとせがまれます。もちろん彼女のベッドで寝ながら読んであげます。
色鉛筆で丁寧に描かれたイラストもとてもかわいくてそれも気に入っているみたいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 読み聞かせにピッタリ!  投稿日:2003/11/21
どろんこハリー
どろんこハリー 作: ジーン・ジオン
絵: マーガレット・ブロイ・グレアム
訳: わたなべ しげお

出版社: 福音館書店
こどもがもっと小さいとき、近所で開かれた絵本の読み聞かせのイベントで読まれて知りました。言葉にリズムもあるし、読み聞かせにピッタリなんですね。もう一度ちゃんと読みたいなぁと思っていたら絵本クラブで配本されてとてもうれしくおもってました。育児サークルにも持っていって、読み聞かせをしたらみんな夢中になって聞いてくれましたよー。娘は犬がたくさん出てくるページで、犬の数を数えるのが大好き。数に対する興味もこの本を読んでからでて来たような気がします。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい やさしい気持ちに  投稿日:2003/11/21
どうぞのいす
どうぞのいす 作: 香山 美子
絵: 柿本 幸造

出版社: ひさかたチャイルド
自分だけいい思いをするのではなく、他の人にもいい思いを「どうぞ」というストーリーが大好きです。読むたびにやさしい気持ちになれます。娘もそうであってほしいな。そしてこういうやさしい子に育ってほしいです。
オチもおもしろい!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 春って気持ちいい!  投稿日:2003/03/27
ぐりとぐらのおおそうじ
ぐりとぐらのおおそうじ 作: 中川 李枝子
絵: 山脇 百合子

出版社: 福音館書店
ぐりとぐらシリーズは文章にリズムがあって本当に読みやすいです。子どももそのリズムが楽しいらしくて何度も何度も読まされました。春って気持ちいいなって気分にさせてくれますし、これでお掃除好きになってくれればうれしいんですけどね〜。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい まぁだまだ♪  投稿日:2003/03/05
しろくまちゃんのほっとけーき
しろくまちゃんのほっとけーき 作: わかやま けん
出版社: こぐま社
娘(2歳11ヶ月)の一番のお気に入りの本です。特にホットケーキを焼くところが大好きで、もう全部暗記しています。
私が読んであげられないときも自分で開いて読んでいます。
他の事をしている時も、私が「まだよ」と言おうものなら「ぽたあん、どろどろ。。。まぁだまだ♪。。。」と始まるんです。
のどが痛くなるまで読まされるのがタマニキズ。。。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 動物がたくさん!  投稿日:2003/01/22
てぶくろ
てぶくろ 作: (ウクライナ民話)
絵: エウゲーニー・M・ラチョフ
訳: 内田 莉莎子

出版社: 福音館書店
たくさんの動物が登場するので、動物好きのウチの子はかなりお気に入り。現実ではありえない組み合わせの動物たちがちいさなてぶくろで一緒に住み始めるという発想がおもしろくて、ママの方がドキドキしながら読んじゃいました。
たった一つのてぶくろでこんなにも物語が膨らむなんてすごいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ちいくまくんがかわいい!  投稿日:2002/12/08
おうちにかえろう ちいくまくん
おうちにかえろう ちいくまくん 作: マーチン・ワッデル
絵: バーバラ・ファース
訳: 角野 栄子

出版社: 評論社
「ねむれないの?ちいくまくん」の2作目です。でもこの本だけでも充分楽しめると思います。 おおくまさんとちいくまくんが森のさんぽに出かけますが、その帰り道、聞こえてくるいろんな音がちいくまくんには不思議でたまらないのです。 言葉の繰り返しが多いので、娘も聞きやすそうでしたし、何よりも実物に忠実なのにとてもかわいい絵が私もとても気に入っています。 ウチの子ももうすぐ「なんで?」「これ何?」攻撃を始めると思いますが、おおくまさんのようにどっしり構えて付き合ってあげたいなと思わせてくれます。
参考になりました。 0人

28件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット