むれ むれ むれの試し読みができます!
作: ひろた あきら  出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!
【ピース又吉直樹 推薦!】読み聞かせで子どもがむらがる! 笑える探し絵本
rinさん 20代・その他の方

とっても素敵な絵本でした。
絵がひとつひとつ可愛くて癒されます。 …

なると銀時さんの公開ページ

なると銀時さんのプロフィール

ママ・30代・愛知県、男6歳 女3歳

なると銀時さんの声

46件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 妹がお姉ちゃんになるために  投稿日:2009/11/03
おへそのあな
おへそのあな 作: 長谷川 義史
出版社: BL出版
3人目を妊娠して、3歳の妹におなかの赤ちゃんを説明する為に購入しました。

おへそのあなから赤ちゃんが見てるなんて、
イメージは面白いけど「んな訳ないじゃん!」なーんて思っていたけど、
確かに子供って絵本を逆さまに見てたり、字も逆文字や鏡文字だったり、
もしかして本当!?って思ってしまいました。

読み聞かせたら、こどもたちは予想以上に聞き入り、
3歳の妹はお母さんのおへそに大声で話しかけるようになりました。
「おねえちゃん」が出てくると自分と照らし合わせニコニコ(最近「おねえちゃん」って言葉がお気に入り)。しかも絵本ではわが家と違って姉弟の設定なのがさらに気に入ったようで。

6歳の兄も、赤ちゃんにロボット作ってあげるところが自分と重なって大喜び。それから、お母さんのおへそにむかっていっぱい歌を歌ってくれました。

こどもたちが本当に大喜びしてくれたので、大満足の絵本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 挿絵が美しい  投稿日:2008/09/02
一寸法師
一寸法師 絵: 笠松 紫浪
出版社: 講談社
日本的な挿絵が気に入り、購入しました。
さっそく5歳の息子&1歳の娘に読み聞かせました。
お話は私もよく知った内容の「一寸法師」、定番のお話なので安心して読めました。子ども達も一生懸命聞いてました。

でもなんと言っても挿絵がとても美しいです。
日本らしい描写で、また、絵にさりげなくむかしの人の生活、遊び、風習なども描かれており、あとがきのページに少し説明なんかもあって、子ども達に昔々の日本の風景を伝えるのに良いと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 一度は作りたくなる  投稿日:2008/09/02
サンドイッチ サンドイッチ
サンドイッチ サンドイッチ 作: 小西 英子
出版社: 福音館書店
まずはパンを選びます。それからバターをぬって、レタスをのせて...。ハムやトマト、きゅうりにたまご、その他いろいろ。
息子は楽しそうにサンドイッチにはさむ具を選びます。
自分の苦手な食べ物も、美味しそうに描かれているからか選びます。

最後にお母さんと絵本に手を重ねて、ぎゅっぎゅと押します。
それから切って、サンドイッチの切り口を見て、
お皿にきれいに盛り付けて。

いっただっきまーす!

最後のページのコップにはその時の気分で牛乳やジュースが入っています。そしてごちそうさま。

もう何度も読んだのでボロボロになってしまった一冊です。
本当にサンドイッチを作った気分になります。しかもとても美味しそう。

一度はこどもと、スーパーで忠実に具を選んで買物して、作ってみたくなると思いますよ。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい きやすい教科書  投稿日:2008/09/02
あっちゃんあがつく たべものあいうえお
あっちゃんあがつく たべものあいうえお 原案: みね よう
作: さいとう しのぶ

出版社: リーブル
息子の「ひらがな」勉強用に購入しました。
でも、そんな事よりまず美味しそうな絵に夢中になりました。
「今日は何たべよぅかなぁ〜♪」と、とっても楽しそうに見ていました。
5歳になり、ひらがなも読み書きできるようになった現在は、
ひとりで絵本をめくり、読んだり眺めたり。
息子にとって、きやすい教科書となっています。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい お兄ちゃんにウケがいい  投稿日:2006/08/09
ふうせんねこ
ふうせんねこ 作・絵: せな けいこ
出版社: 福音館書店
もうすぐ赤ちゃんが産まれるので、図書館でなんとなく借りてみました。すると3歳のお兄ちゃんに大ウケ。
赤ちゃんより、3歳の反抗期真っ盛りの子どもの方が当てはまってて楽しいみたいです。
ママ的にも子どもがふてくされている様を可愛らしく思えそうです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う おまつりシーズンなので  投稿日:2006/08/09
ちいちゃんとおみこし
ちいちゃんとおみこし 作・絵: しみず みちを
出版社: ほるぷ出版
祭りのシーズンだし、こどもが最近おみこしに興味を持ってるので、図書館で借りました。
おみこしを担ぐ機会があるかどうかわからないけど、ちいちゃんとお友だちが自分達のおみこしを作って担いでるのを羨ましそうに見てたので、絵本を参考にダンボールで作ってあげようと思います。
そんなアイデアがもらえる一冊です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 楽しみな絵本  投稿日:2006/08/09
ゆかいなゆうびんやさん
ゆかいなゆうびんやさん 作: ジャネット・アルバーグ アラン・アルバーグ
絵: ジャネット・アルバーグ アラン・アルバーグ
訳: 佐野 洋子

出版社: 文化出版局
ママ的に気に入ってる絵本です。
いろんな手紙が付いていて、封を開くのが楽しみ!読むのが楽しみ!絶対子どもも気に入ると思ってます。
でもまだ破いてしまいそうなので、もうすこしお兄ちゃんになってからの購入を考えてます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい うたえほん  投稿日:2006/08/09
あめぽったん
あめぽったん 作・絵: ひろかわ さえこ
出版社: アリス館
ちょっと歌っぽく読んでます。雨の日がなんだか楽しい気分になります。子どももこの絵本のせいか、雨音をリズムのようにとらえてるようで、傘や窓ガラスにあたる音を楽しそうに聞いたりしてます。
かなりおすすめです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う バス気分  投稿日:2006/02/02
うみへいくピン・ポン・バス
うみへいくピン・ポン・バス 作: 竹下 文子
絵: 鈴木 まもる

出版社: 偕成社
息子の好きな一冊です。
保育園に行くようになり、バスでいろいろ連れて行ってくれるからか、この本が気に入っています。
自分の降りる駅がくると、バスのボタンを自分で押したりして楽しいみたいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う たのしく想像  投稿日:2006/02/02
さかなってなにさ
さかなってなにさ 作・絵: せな けいこ
出版社: 金の星社
最近水族館によく行くので購入しました。
思っていた感じと違っていましたが、ウサギくんが「さかなってなにさ」といろいろ連想していくのがとても面白いです。
参考になりました。 0人

46件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

『あの日からの或る日の絵とことば』 荒井良二さん、筒井大介さん インタビュー

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    どんぐりちゃんの一生を描いた韓国のやさしい翻訳絵本

全ページためしよみ
年齢別絵本セット