おばけのばあ おばけのばあ おばけのばあの試し読みができます!
作・絵: せな けいこ  出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!
絵本作家デビュー50周年! 待望の描き下ろしあかちゃん絵本最新作
Pocketさん 40代・ママ

おばけもいないいないばぁ!
せなけいこさんのおばけ絵本、鋭い目つき…

こがれさんの公開ページ

こがれさんのプロフィール

ママ・20代・東京都、男6歳 男4歳

こがれさんの声

86件中 81 〜 86件目最初のページ 前の10件 5 6 7 8 9 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 不思議な本  投稿日:2005/09/06
かいじゅうたちのいるところ
かいじゅうたちのいるところ 作: モーリス・センダック
訳: じんぐう てるお

出版社: 冨山房
小さい頃この本を読んでいました。
怖いものが苦手な私でしたが、なぜかこの本の
すごい牙、蛇の髪、ギョロッっとにらむ目の
かいじゅうたちは怖く感じず、楽しく読んでいました。

きっと主人公がわがままな男の子で、その普通の男の子
が、かいじゅうたちを従える事で
自分も一緒にかいじゅうたちを従えている気に
なっていたのかもしれません。

また、お母さんてこういうものだと、
母親のあたたかさも感じていました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 素敵なお家  投稿日:2005/09/06
そらいろのたね
そらいろのたね 作: 中川 李枝子
絵: 大村 百合子

出版社: 福音館書店
子供の頃読んでいました。
大事なものと交換した種が素敵なお家に。
たくさんの動物と一緒に入っているときはどんどん
大きくなり、きつねがみんなに出て行ってもらうと
こわれてしまう。

いじわるするといいことはないんだ。と子供ながらに
感じていました。
ぜひ、子供に読ませたい本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 気持ちわかります。  投稿日:2005/09/06
わたしのぼうし
わたしのぼうし 作・絵: さのようこ
出版社: ポプラ社
子供の頃読んでいました。

この主人公の自分の前のぼうしへのこだわり、
とてもよくわかります。
子供の頃ってこういうふうに大事なものに執着して
新しいものを受け入れるのに時間がかかったなぁと
当時の気持ちを思い出します。

そして簡単なきっかけで、新しいものを受け入れる事が
できるようになる経過が書かれていて
それもうんうん、とうなづけます。

子供の頃、おとなしい絵の本なのに
この主人公の気持ちと同じ気持ちになって読め、
大好きな本のひとつでした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい あたたかい本  投稿日:2005/09/06
くまのコールテンくん
くまのコールテンくん 作・絵: ドン・フリーマン
訳: 松岡 享子

出版社: 偕成社
子供の頃読んでいました。
最初は誰にも買ってもらえないくまのコールテンくんが
かわいそうの感じていました。
でも自分で冒険に出て行き、最後にはハッピーエンドを
むかえるコールテンくん。

読み終えると気持ちがあたたかくなりましたた。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 涙がでます。  投稿日:2005/09/06
いつでも会える
いつでも会える 作・絵: 菊田 まりこ
出版社: 学研
大人になっってから読みましたが、
じーんと心にしみる一冊でした。

会えなくてもいつでも心の中に住んでいる大事な人。
そのことを教えられました。

子供にも理解できるのかはわからなくても、
ぜひぜひ読み聞かせながら、育てたいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大好きでした  投稿日:2005/09/06
だってだってのおばあさん
だってだってのおばあさん 作・絵: さのようこ
出版社: フレーベル館
子供の頃何度も読んでいました。

私はこの現実にはいないような
パワフルなおばあさんが大好きで、
やさしいねこも大好きでした。

とても楽しく
心あたたまる一冊です。
参考になりました。 0人

86件中 81 〜 86件目最初のページ 前の10件 5 6 7 8 9 次の10件 最後のページ

【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…

全ページためしよみ
年齢別絵本セット