新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

そらいろのたね
プラチナブックメダル

『 そらいろのたね 』 は
「絵本ナビ プラチナブック」です。

絵本ナビ人気ランキング上位の絵本として選ばれています。

そらいろのたね

  • 絵本
作: 中川 李枝子
絵: 大村 百合子
出版社: 福音館書店

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,100

絵本ナビ在庫 残り6

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 1967年01月
ISBN: 9784834000849

出版社のおすすめ年齢:3歳〜

【絵本ナビ×福音館】福音館の絵本とグッズ、そろってます

みどころ

続きを読む
そらいろのたね

出版社からの紹介

ゆうじが模型飛行機を飛ばしていると、きつねがやってきて「そらいろのたね」と模型飛行機を交換することになりました。そらいろのたねを植えて水をやると、なんと空色の家が生えてきたではありませんか! 空色の家はみるみるうちに大きくなり、たくさんの動物や鳥や子どもたちの楽しい遊び場になります。しかし再びやってきたきつねが、みんなを追い出して空色の家を独り占めしてしまいます。きつねが家にはいると、空色の家はさらに大きくなって……。

ベストレビュー

夢のあるおはなし

そらいろの種を埋めたらそらいろの家が咲いた!
とても夢のあるおはなしで、読んでいるとわくわくしてきます。
お日さまの光を浴びて、どんどん大きくなる家を、娘は目をきらきらさせて見ていました。
最後に独り占めしようとしたきつねのせいで家が消えてしまうので、夢からぱっと覚めてしまったような残念な気持ちになりますが、それがこのおはなしをぴりっと引き締めている気がします。
私が子どものころからあるロングセラー絵本ですが、ちっとも古さを感じさせません。
これからも読み継がれていって欲しい一冊です。
(オパーサンさん 30代・ママ 女の子4歳、女の子1歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,100円
1,100円
1,100円
1,320円
1,540円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

550円
3,300円
440円
715円

出版社おすすめ




編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

そらいろのたね

みんなの声(263人)

絵本の評価(4.61

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら