クリスマスのかくれんぼ クリスマスのかくれんぼ
作・絵: いしかわ こうじ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
大人気!「これなあに?かたぬきえほん」のスペシャル版です。ツリーやトナカイなどクリスマスのいろいろがいっぱい登場します。

ぷりくんさんの公開ページ

ぷりくんさんのプロフィール

ママ・30代・北海道、女5歳 女2歳

ぷりくんさんの声

42件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい お兄ちゃん、エライ!  投稿日:2008/02/09
まめうしとひめうし
まめうしとひめうし 作・絵: あきやま ただし
出版社: PHP研究所
妹ができたまめうしくん。
お母さんに、赤ちゃんが産まれると聞いて お母さんのおっぱいがとられる夢を見たり、産まれた妹を見て「かわいい」と思って 色々お世話をしたり・・・
とっても優しくて、立派なお兄ちゃんになった「まめうしくん」
お兄ちゃんになって頑張っている姿は、自分の長女とだぶってしまいます。
兄弟愛が感じられる1冊です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おじいちゃんの存在の大きさ  投稿日:2007/12/26
おじいちゃんがおばけになったわけ
おじいちゃんがおばけになったわけ 作: キム・フォップス・オーカソン
絵: エヴァ・エリクソン
訳: 菱木 晃子

出版社: あすなろ書房
おじいちゃんが急死してしまい、大事な孫のところへオバケになっていき、毎晩「おじいちゃんの忘れ物」を一緒に探すお話です。
夜になるとおじいちゃんが来て、忘れ物をために色々な話をします。

うちの子供もおじいちゃん・おばあちゃんは大好きですが、この本を読むと 子供にとってのおじいちゃんの存在の大きさが感じられます。
死と直面した子供の心境も感じられます。
上の子は、この本がだいすきです。
寝る前に、ゆっくりと読んであげたい絵本です。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 感動です!  投稿日:2007/12/08
おまえ うまそうだな
おまえ うまそうだな 作・絵: 宮西 達也
出版社: ポプラ社
表紙の恐竜の絵を見て「男の子向けの本なんだろうなぁ〜」と思いながらも読んでみました。
ところが・・・ティラノサウルスが食べようとした、アンキロサウルスの子供に お父さんと勘違いされ、そのまま親子の様に振舞い、最後は本当の親の元に帰してあげるお話でした。
ティラノサウルスの優しさ、アンキロサウルスの健気さがなんとも言えなく「感動です!」
最後の別れの場面は、子供もジ〜ンとしていました。
お父さんにも、ぜひ読んでもらいたい1冊です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う カラオケ好きな人にお薦め!  投稿日:2007/12/08
いっきょく いきまぁす
いっきょく いきまぁす 作・絵: 長谷川 義史
出版社: PHP研究所
家族でカラオケに行くお話です。
「めだかの学校」に始まり、「森のくまさん」など子供と一緒に歌いながら楽しめる絵本。と思いきや、後半は子供達は聞いたことのない「神田川」や「津軽海峡冬景色」など・・・子供はわかんな〜いって顔をしていましたが、読んでいる(歌ってる?)私は、ついつい熱唱していました。
子供の反応はイマイチ?と思ったのですが、また読んで〜とお願いされ、子供も「いい湯だな」とか覚え一緒に歌いました。子供も大人も楽しめる絵本ですね。カラオケ好きな人には、ぜひ読んでほしいです。 
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う トイレのきまり事  投稿日:2007/11/01
トイレせんちょう
トイレせんちょう 作: 片平 直樹
絵: 松成 真理子

出版社: フレーベル館
トイレのきまりを守らないと「変なおじさん(トイレせんちょう)」が出てきて怒られます。
ボクが怒られるのはわかるのですが、お父さんまでも怒られてしまうのが面白いです(^^)
早速、うちでもトイレのきまりを守らないと「トイレせんちょう来るかもよ〜」と・・・ちゃんとトイレのふたをしめるようになりました。
トイレのしつけのきっかけに良いと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい やっぱり、面白い!  投稿日:2007/09/19
つきよのキャベツくん
つきよのキャベツくん 作・絵: 長 新太
出版社: 文研出版
あの「キャベツくん」シリーズ。
しかも、月夜のキャベツくん。ちょっと、しんみりした感じの表紙を開いてみると・・・
期待通り「ぶたやまさん」が出てきてくれました。
今回は「キャベツくん」と「ぶたやまさん」「とんかつ」
「お月様」のお話でした。
まさか、お月様がとんかつを食べてしまうとは思いませんでした。
相変わらず 面白いなぁ〜。子供と一緒に大爆笑です。
まず、「キャベツくん」を読んでから読んで欲しいですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 変だね〜  投稿日:2007/09/15
アベコベさん
アベコベさん 作: フランセスカサイモン
絵: ケレンラドロー
訳: 青山 南

出版社: 文化出版局
夜中に起きて公園へ行ったり、逆立ちをしてテレビを見たり、家の中ではコートを着て 出かける時はパジャマに着替えたり・・・まさに、アベコベな生活をしているアベコベさん一家のお話です。

アベコベさん達の行動を見て 子供達も「これは、違うよね〜。ダメだよね〜。変だね〜。」と間違い探しのように楽しんでます。
隅から隅まで見ると、色々なアベコベが発見できて面白いですよ。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 懐かしかったです  投稿日:2007/08/06
寿限無
寿限無 作: 齋藤 孝
絵: 工藤 ノリコ

出版社: ほるぷ出版
5歳の子供が保育園で覚えたのか?
何気に「寿限無、寿限無…長久命の長助」と言っていたので 懐かしいなぁ。と思って図書館で借りてきました。
寿限無のな前が長すぎて、読み聞かせもちょっと大変ですが
5歳の娘も 一生懸命、一人で読んでます。
名前に出てくる言葉の説明もあり「なるほど、そう言う意味だったのか〜」と改めてわかりました。
イラストもブサ可愛く、特に寿限無の後ろ姿がカワイイです。
2歳の娘も「長助読んで〜」と気に入っています。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う えっ!?ゾウのたまご???  投稿日:2007/08/06
ぞうのたまごのたまごやき
ぞうのたまごのたまごやき 作: 寺村 輝夫
絵: 長 新太

出版社: 福音館書店
まず読む前に、パラパラとめくってみると話が長くて
「読むのが大変だなぁ〜。」と思いつつ 子供のリクエストに答え読みました。

王様が兵隊を引き連れて、ゾウの卵を探しに行くというお話しでしたが「ゾウは卵を産まないのに…」と言う思いを子供には内緒にしたまま読み始めました。

兵隊たちが沢山の卵を発見して持ってくるのですが、その卵の中にヘビやワニの卵が…
恥ずかしながら、知りませんでした。ヘビやワニ、カメが卵から産まれるなんて…
そして 最後にはゾウは卵なんて産まないと言う事がわかります。子供は「ゾウの卵はものすごく大きいんだろうな」と楽しみにしていたようで、卵を産まないと分かった時には「えっ!?」て感じでしたが、他に卵を産まない動物の話をしたり、勉強になりました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う なんか不思議  投稿日:2007/07/27
ぷしゅ〜
ぷしゅ〜 作: 風木 一人
絵: 石井 聖岳

出版社: 岩崎書店
表紙の絵がとっても夏らしかったのと、
「ぷしゅ〜」っという題名が面白かったので読んでみました。
が・・・内容は浮き輪の空気抜きから始まり、何故かバスや建物までもが「ぷしゅ〜」っとなってしまう
なんとも不思議な絵本でした。
が・・・子供には「ぷしゅ〜」が大うけでした。
何度も「ぷしゅ〜」と言ってるうちに なんとなく気も抜けてリラックス。子供と一緒に笑っちゃいます。
参考になりました。 1人

42件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

みやこしあきこさん×シドニー・スミスさん インタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット