宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

あんこときなこさんの公開ページ

あんこときなこさんのプロフィール

ママ・30代・東京都、女の子8歳 男の子6歳

あんこときなこさんの声

13件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 楽しい☆  投稿日:2013/04/15
あそびのおうさまBOOK ぬって
あそびのおうさまBOOK ぬって 作・絵: LaZOO
出版社: 学研
ここを塗りましょう、何色に塗りましょう、という制限のあるものではなく、自由な発想で楽しめる本。ぬりえというより、お絵かき。
絵本としても楽しめるし、子どもの2さいの作品記念としても大切にとっておきたいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい かわいらしい絵本♪  投稿日:2012/05/31
おべんとうを たべたのはだあれ
おべんとうを たべたのはだあれ 作: 神沢 利子
絵: 柿本 幸造

出版社: ひさかたチャイルド
まだ、うちの子には早いかな〜と思ったのですが、あまりのかわいらしい雰囲気に魅かれて、手に取ってしまいました。

おんなのこがとってもいいんです♪
小さなことは気にしないというか、切り替えが早いというか。
大らかな子で、自分のお弁当を少し食べられたくらいじゃ、怒ったり泣いたりなんてしません。
お弁当が全部なくなっていたときだって、なくなったことよりも、もって帰る苺がなくなっちゃって、はじめて泣いたんですから。

実際、お弁当が少しでも減っていたら、疑ってほしいけれど、うちの子も、このおんなのこのように、少しぐらいの困ったことや嫌なことで悩んだりしないで、前向きに受け止められるような子になってほしいです。

もう少し大きくなったら、また読み聞かせしたいと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ステキなお母さん  投稿日:2012/05/31
ぷくちゃんのすてきなぱんつ
ぷくちゃんのすてきなぱんつ 作・絵: ひろかわ さえこ
出版社: アリス館
そろそろ、子どものおむつはずれをはじめようかな〜。
そんな時に出会ったのが、この絵本。

ま〜あ、お勉強になりました!!!

ぷくちゃんが、何度失敗しても、にこにこやさしいお母さん。
憧れます。
ぱんつをはいて、ちょっと得意げでうれしそうなぷくちゃんも、とってもかわいい。

たくさん失敗しちゃうけど、ちょっとずつ成長していってるぷくちゃんを見て、このちょっとの成長をうーんとほめてあげようと思いました。

ちょっと、面倒だなーと思ってたトイレトレーニングも、楽しみになってきました♪
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 何ともかわいい・・・  投稿日:2012/05/24
おやすみ、ぼく
おやすみ、ぼく 文: アンドリュー・ダッド
絵: エマ・クエイ
訳: 落合 恵子

出版社: クレヨンハウス
表紙からひとめぼれしました。

オランウータンのしぐさ、表情が何ともかわいいこと!
頑張った自分のからだ、ひとつひとつにおやすみ、とあいさつしていく様子があまりに愛らしくて。

おやすみなさいの絵本は数多くあるけれど、本当にゆったりした気分になれる絵本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う くまくんがかわいい  投稿日:2012/05/22
どうすればいいのかな?
どうすればいいのかな? 作: 渡辺 茂男
絵: 大友 康夫

出版社: 福音館書店
くまくん、かわいいなー
決して絵も派手ではないし、印象に残ったところって言われると思いつかないのですが、それでもほんわかした雰囲気がいい。

読み聞かせるのにも、大げさに抑揚きかせたりすることないし、ちょっと読み聞かせが面倒だなーて思う日にも、簡単に読んであげられる絵本
です。

そのうち、娘もまねしながら、お着替えしちゃうのかな?
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ねえ  投稿日:2012/05/22
にんじんさんがあかいわけ
にんじんさんがあかいわけ 作: 松谷 みよ子
絵: ひらやま えいぞう

出版社: 童心社
○○してねえ、と語りかけるような口調が気に入りました。

ちょうど今、そうだよねーと話しかけると、ねー、とお返事してくれるようになった娘。

この絵本を読んでいるときも、小さな声で、ねえ、とたまに返事してくれるものだから、こっちまで楽しくなっちゃいました。


お話はとっても有名ですが、素朴な絵なので、すっと受け入れられます。大事にしたい1冊です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 子どもをぎゅっ  投稿日:2012/05/22
ミニブック ぎゅっ (ボードブック)
ミニブック ぎゅっ (ボードブック) 作・絵: ジェズ・オールバラ
出版社: 徳間書店
正直、はじめは子どもの反応はいまいちでした。
ひとつひとつの絵は、良く描きこまれていて動物たちの表情もかわいらしいし、素敵だとは思うのですが、どのページも似たような色使いで、こどもにはあまり変化が感じられなかったようで、途中であきてしまっていたみたいです。

しかし、他の絵本やテレビなどで、ぎゅーっと言って抱っこされることを覚えてからは、この本を見ながら、ぎゅっぎゅっと嬉しそうに話しかけています。

たくさん、ぎゅっの場面が出てくるので、その度に何度も子どもを抱きしめられて、とても幸せな時間が過ごせる絵本です。

今では、読むたび、満足そうな顔をするようになりました。
いつもより、遊んであげられなかった日や、甘えさせてあげられなかった日に読むようにしています。
参考になりました。 1人

ふつうだと思う あれ?  投稿日:2012/05/15
ばいばい 改訂版
ばいばい 改訂版 作・絵: まつい のりこ
出版社: 偕成社
ばいばい、を覚えたての時に呼んだ絵本。
もっと反応してくれるかと思いきや、気が向いた時に、ばいばいと手をふるぐらい。

ボードブックなので、自分でめくりやすく、勝手に先に進み、ぱたんと閉じて違う絵本を取ってきちゃう。

0歳の時に読んでいれば、もっと楽しめたのかな?
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい なぜか、とっても好き!  投稿日:2012/05/15
なーんだ なんだ
なーんだ なんだ 作: カズコ・G・ストーン
出版社: 童心社
なーんだなんだ、と話しかけると、ぱっとこっちを向く娘。
この絵本の影響です。
単純だけど大好き!

お絵かきの時間も、なーんだなんだ?と言いながら、いろいろな動物を耳、目、口と順番に描いていったり、初めて渡すおもちゃや絵本、なーんだなんだこれなんだ?と言いながら見せたりしています。

この絵本、わたしたち家族の生活に根づいています!!
参考になりました。 0人

ふつうだと思う まだ興味ないようで・・・  投稿日:2012/05/15
ボードブック はらぺこあおむし
ボードブック はらぺこあおむし 作・絵: エリック・カール
訳: もり ひさし

出版社: 偕成社
うちの子は、今のところ、まだ興味がないみたいです。

私からしたら、とってもすてきな絵だと思うのですが、子どもには難しいようで、あおむしが見えてるんだか、見えていないんだか…
しかけの穴あきも、とくに触らせても反応が…

もう少し、大きくなってから再チャレンジしたいと思います。
参考になりました。 0人

13件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

学校に行きたくない…そんな気持ちのときに読みたい

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット