ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

つっちいさんの公開ページ

つっちいさんのプロフィール

せんせい・30代・大阪府、女5歳 女1歳

つっちいさんの声

16件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 素直に楽しめます  投稿日:2007/03/01
おさるのジョージ としょかんへいく
おさるのジョージ としょかんへいく 原作: M.レイ H.A.レイ
訳: 福本 友美子

出版社: 岩波書店
このシリーズの最大の特徴は、罪のないイタズラからみんなの幸せが生まれる事に尽きます。
話が出来すぎ?の感もありますが、うちの長女は話の展開の面白さに夢中です。
読み聞かせは緩急をつけると、より臨場感が伝わるようです。
絵も可愛らしいので、おさる飼いたいと言われるでしょうけど・・・(^^;)
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 親としての喜びもあります  投稿日:2007/03/01
くまたくんのたんじょうび
くまたくんのたんじょうび 作: わたなべ しげお
絵: おおとも やすお

出版社: あかね書房
星7つは付けたい傑作絵本ですよね!これをきっかけに全数買いました。
くまたくんの産まれる前からこれまでの思い出を家族で眺めながら、成長を喜ぶ両親、祖父母の姿・・・日本人が忘れかけている家族の絆を愛らしいくまたくんを通じて思い出させてくれます。
日頃忙しさにかまけて子供の成長を見失いがちな私にとっては、娘を膝に乗せてアルバムを眺めるよいきっかけをくれました。渡辺先生に感謝です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 人間とはこうあるべきだ  投稿日:2006/04/29
14ひきのおつきみ
14ひきのおつきみ 作・絵: いわむら かずお
出版社: 童心社
14ひきシリーズの中で私が一番気に入っている作品です。
大家族が一緒になって自然に対して感謝の心を捧げるもので
現代の日本人家庭が失ってきた物を教えてくれます。
大人の目線からこの作品の素晴らしさを実感して頂きたいと思いますね。こういう風習というものはうまく伝えられない人が増えていますから。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 親はおおくまさんのようにあるべきか  投稿日:2006/04/28
ぐっすりおやすみ、ちいくまくん
ぐっすりおやすみ、ちいくまくん 作: マーティン・ワッデル
絵: バーバラ・ファース
訳: 角野 栄子

出版社: 評論社
外の世界に自分の居場所と思しき空間を見つけたちいくまくんが、おおくまさんから離れて自分だけの場所を作るけど、やっぱりおおくまさんのところが気になって・・・
子供が成長して行く中、こういうシチュエーションはきっとあるだろうけど、親は受け入れてやらなきゃいかんのでしょうね。そして帰ってきたら何事もなかったように抱きしめてあげなきゃいけないのでしょう。親にとっていい本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ハマッちゃいました。  投稿日:2006/04/28
ハムスターのハモ
ハムスターのハモ 作・絵: たかお ゆうこ
出版社: 福音館書店
絵の可愛らしさはもちろんですが、夜中にけいちゃんが大事にしていたロボットくんを一生懸命修理する姿が可愛い!節分豆を見つけてたべちゃうところも愛嬌があっていいですねえ。大事な人の為に一生懸命がんばるハモちゃん、娘の手本になってくれるといいのですが・・・
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う ほのぼの・・  投稿日:2006/04/13
くまたくんとおじいちゃん
くまたくんとおじいちゃん 作: わたなべ しげお
絵: おおとも やすお

出版社: あかね書房
くまたくんシリーズの中ではまずまずの作品かと思います。割合くまたくんシリーズのストーリーは淡々としたものが多いと感じていたのですが、これは情の部分が出ていると思います。
くまたくんとおかあさんが帰省でいなかのおじいちゃんおばあちゃんの家に行く所から始まります。バス停まで迎えに来ている祖父母ってなところは人もくまも一緒?
いっぱい遊んで田舎暮らしを満喫、都会から離れた場所で家族の絆を実感した事でしょう、こういう経験って絶対必要ですよね。
ちなみに我が家は田舎らしい田舎が無いため、娘に田舎に連れて行って欲しいと言われ、困惑しました^^;
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 声優になりきって朗読にチャレンジ!  投稿日:2006/03/18
10ぴきのかえるのふゆごもり
10ぴきのかえるのふゆごもり 作: 間所 ひさこ
絵: 仲川 道子

出版社: PHP研究所
これは絶対お勧めですね!特に父親が声色を変えながらテンポよく読んであげると大喜びしますよ、きっと。10ぴきのかえるがみんなで冬の間も遊んで過ごせるようにふゆごもりハウスを作ります。その滑稽な事といったらありません。ベッドは要らないと思うけど・・・なんて言ってたのにねえ。ホント面白い本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい みんな大切なんだと・・・  投稿日:2006/03/18
くれよんのくろくん
くれよんのくろくん 作・絵: なかや みわ
出版社: 童心社
5歳の娘のお気に入りの一冊です。もともとお絵かき大好きなんですが、我が家のクレヨンもくろくんがほぼ新品のままです(笑)お友達にもいろんな子がいるけど、みんな大事なんだよと教えています。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 一番大事なことを教えてくれます  投稿日:2006/03/18
オレンジいろのペンギン
オレンジいろのペンギン 作・絵: 葉 祥明
出版社: 佼成出版社
不覚にも立ち読みしてて泣いてしまいました・・・姿形は違おうともみんなで助け合いながら生きていく、美しい話です。娘が小学校に入学する時にプレゼントしようと思っています。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 友達って楽しいですよね  投稿日:2006/03/15
ぷっぷと すなばの おともだち
ぷっぷと すなばの おともだち 作・絵: つちだ よしはる
出版社: ベネッセコーポレーション
おすなばで遊ぼうと行ってみると知らないお友達が・・・いつものように遊べるかなあっていう不安、でも結局たくさんのお友達と遊んでしまうって経験、ありますよねえ、ありましたよねえ。ぷっぷは最後にはたくさんのお友達とすごいものを作っちゃいます。集団生活の楽しさを学び取ってもらえる本だと思います。ちなみにうちの娘、引っ込み思案でしたがぷっぷみたいにみんなとお話してごらん、と言うと途端にたくさんのお友達が出来ました。佳作です!
参考になりました。 0人

16件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

えほん新定番 from 好書好日

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット