Bam and Kero Go Shopping バムとケロのおかいもの英語版 Bam and Kero Go Shopping バムとケロのおかいもの英語版 Bam and Kero Go Shopping バムとケロのおかいもの英語版の試し読みができます!
作・絵: 島田 ゆか 訳: クリストファー・ベルトン  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
英語でバムとケロの世界を楽しもう!

しょここさんの公開ページ

しょここさんのプロフィール

ママ・30代・愛媛県、男3歳 男0歳

しょここさんの声

54件中 11 〜 20件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 擬音語が楽しい  投稿日:2007/10/26
おなら
おなら 作・絵: 長 新太
出版社: 福音館書店
おならをしたときの男の子とおじさんのリアクションが可愛いです。おならの仕組みは3歳の息子には難しいと思いましたが、息子は大好きでいつも読んで欲しいと言います。大人にとっても勉強になる本でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 息子もあはは!  投稿日:2007/10/26
こちょ こちょ
こちょ こちょ 作: 角野 栄子
絵: 津田 直美

出版社: リブロポート
簡単な文章のみで書かれた本です。小さな動物からだんだん大きな動物へくすぐっていきます。この動物はどんな風に笑うのだろう?と興味深いです。息子は自分がくすぐられていないのに「あはは!」と笑っていました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 自分に重ね合わせて  投稿日:2007/10/26
きゅうきゅうしゃはだいかつやく
きゅうきゅうしゃはだいかつやく 作: 山脇 恭
絵: 福田 岩緒

出版社: 教育画劇
きゅうきゅうしゃが妊婦のお母さんを迎えに行くお話です。息子には弟が生まれた時の事がおもいだされるようで、絵本の中の男の子は自分、妊婦は私と重ね合わせて読んでいます。自分と同じ境遇の男の子が出てくるからかとてもお気に入りの本です。もう少し大きくなったら、きゅうきゅうしゃが緊急で走るときの事も書かれているので説明してあげたいと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う こわいクマでした  投稿日:2007/10/08
3びきのくま
3びきのくま 作: L・N・トルストイ
絵: バスネツォフ
訳: 小笠原 豊樹

出版社: 福音館書店
森で道に迷った女の子が3びきのクマの親子の家にたどり着き、家族がいない間にいすに座り、スープを飲み、ベットで寝ているお話です。大、中、小、それぞれのクマの言葉が体の大きさ同様、本の文字も小さくなっていて抑揚をつけながら読めるのが面白いと思いました。今までは優しいクマのお話を読むことが多く、最後に追いかけられてしまうけど、勝手に人の家に入り込んで物を壊したりしているので「仕方ないね」と子供に伝えれる本でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ピクニックに行きたくなりました!  投稿日:2007/09/16
ぐりとぐらとくるりくら
ぐりとぐらとくるりくら 作: 中川 李枝子
絵: 山脇 百合子

出版社: 福音館書店
ぐりとぐらの絵本はいつも食べ物が美味しそうに描かれています。今回は天気がよいのではらっぱで朝ごはんを食べよう!とサンドイッチとサラダを持ってはらっぱへ行く途中にうさぎのくるりくらに出会い、不思議な体験をします。空を飛んだり、未知の体験が子供心をくすぐるようです。くるりくらのお母さんが最後にけいとでなわとびを編んでプレゼントしてくれました。ささっと作ってくれたところが、手際のよいお母さんのようであこがれました!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 三びきとも同じ名前!  投稿日:2007/09/16
三びきのやぎのがらがらどん
三びきのやぎのがらがらどん 作: (ノルウェーの昔話)
絵: マーシャ・ブラウン
訳: 瀬田 貞二

出版社: 福音館書店
マーシャブラウン(絵)、せたていじ(訳)の私が小さい頃読んでいた絵本です。三びきのやぎは三びきともがらがらどん。3歳の息子に区別が出来るのかな?まだ早かったかな?と思っていましたが、大きい、中ぐらい、小さいと区別をしていました。声色を変えて読むととても楽しそうでした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 懐かしいシリーズです。  投稿日:2007/02/22
だるまちゃんとかみなりちゃん
だるまちゃんとかみなりちゃん 作・絵: 加古 里子
出版社: 福音館書店
今までの本のように1ページに1シーンではなく、1ページに何シーンもあるストーリーに息子は少し戸惑っていましたが、指差しながら本を読むと慣れてきたようでした。どちらも縁遠いキャラクターですが、かみなりちゃんの町を不思議そうな顔をしながら見ていました。私もかみなりちゃんの世界の細かいところまでかみなり色に染まっているところがかわいくて楽しく読めました!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 小さな子に優しくなるかな?  投稿日:2007/02/22
ちいさなこぐまのちいさなボート
ちいさなこぐまのちいさなボート 作: イヴ・バンディング
絵: ナンシー・カーペンター
訳: ちばしげき

出版社: 主婦の友社
ちいさなこぐまが大きくなって自分よりちいさなこぐまに大事なボートを譲る話です。こぐまが自分がどんなにボートを大切にしていて一体感があるのかを感じられます。息子にも物を大切にして、それを自分より小さな子に貸したり譲ったりする心が生まれればいいなと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ねことらくんは我ままだなぁ  投稿日:2007/02/15
ねことらくん
ねことらくん 作: 中川 李枝子
絵: 山脇 百合子

出版社: 福音館書店
ゆうじが遊んでいるところにぱっと入ってきて、立場を交換しようといい、飽きたら「もういいや」と言ってゆうじがもらってきた風船をもらってさっさと帰ってしまう「ねことら」にはびっくりしましたが、ゆうじはサンドイッチを2回も食べれたことに喜んでいました。ゆうじの心の広さに反し自分の心の狭さを感じた本かもしれません。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 動物の特徴を掴んでます!  投稿日:2007/02/15
ちいさなねこ
ちいさなねこ 作: 石井 桃子
絵: 横内 襄

出版社: 福音館書店
シンプルな内容ですが、ねこの習性、特徴を掴んでいて、こどもはとても興味深かったようです。親猫が子猫を口でくわえて帰る部分は印象的だったようで「今度やってみようね」と約束しました。
参考になりました。 0人

54件中 11 〜 20件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

出版社おすすめ

  • えんそく
    えんそくの試し読みができます!
    えんそく
    作:くすのき しげのり 絵:いもと ようこ 出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    楽しみにしていた秋のいもほり遠足に行けなくなり落ち込むコンタに、友だちがしてくれたこととは……? 
  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット