Bam and Kero Go Shopping バムとケロのおかいもの英語版 Bam and Kero Go Shopping バムとケロのおかいもの英語版 Bam and Kero Go Shopping バムとケロのおかいもの英語版の試し読みができます!
作・絵: 島田 ゆか 訳: クリストファー・ベルトン  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
英語でバムとケロの世界を楽しもう!

しょここさんの公開ページ

しょここさんのプロフィール

ママ・30代・愛媛県、男3歳 男0歳

しょここさんの声

54件中 41 〜 50件目最初のページ 前の10件 2 3 4 5 6 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 今までにない本  投稿日:2006/03/30
ぴょーん
ぴょーん 作・絵: まつおか たつひで
出版社: ポプラ社
子供が知っている動物がたくさん出てきます。今までの本とは開き方が違うので、子供も「え?」といった感じです。その分動きを感じられる本なので一緒にジャンプしたりして楽しめます。飛んだときの動物の表情も面白いです!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい このシリーズにはまってます  投稿日:2006/03/30
かくしたの だあれ
かくしたの だあれ 作・絵: 五味 太郎
出版社: 文化出版局
色が鮮やかで見ていてとても楽しくなる絵本です。五味太郎さんは面白い本が多いですが、難易度も本によって違うので長い間ファンでいられる本だと思います。子供と一緒に「どこにいるのかな?」って探してコミュニケーションを図れます。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 版画?  投稿日:2006/03/30
とってください
とってください 作・絵: 福知 伸夫
出版社: 福音館書店
亀が色んな動物に色んなものをとってもらうお話です。よ〜く見ると、絵は全て版画のようです。大人が見て、感心してしまう絵です。読み手の大人もずっと単調に同じことを繰り返すのはつまらないもの。最後にわぁと驚くようなことが起こり、子供も大喜びです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 楽しい!嬉しい!  投稿日:2006/03/30
くっついた
くっついた 作・絵: 三浦 太郎
出版社: こぐま社
色んな動物が出てきて、動物同士がくっつくストーリーです。
最後は母と子供がほっぺたをくっつけ、父親も一緒にほっぺたをくっつけます。普段なかなか会う事の出来ない父親に読んでもらいたい本ですね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 月を覚えたばかりの息子が  投稿日:2006/03/23
おつきさまこんばんは
おつきさまこんばんは 作: 林 明子
出版社: 福音館書店
色んなところでおすすめとして取上げられているので一度呼んでみようと思い手にとりました。シンプルな内容ですが、お月さまのまん丸な顔を息子に見立てて読むとにっこり。同じ顔をしたりして楽しく読めました。月はどこに出ると覚えたばかりの息子にはぴったりの本でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 次はなんだろう?  投稿日:2006/03/23
きいろいのはちょうちょ
きいろいのはちょうちょ 作: 五味 太郎
出版社: 偕成社
男の子がちょうちょを追いかけるのですが、なかなか本当にちょうちょに出会う事ができません。意外なものを捕まえそうになったり期待をして読んでいました。ページをめくったあとの穴をつかって色んなものになっているのもとても凝っていて大人も楽しめる本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う どこにいるの?  投稿日:2006/03/23
Where’s Spot?
作: Eric Hill
出版社: (不明)
ごはんを食べていない子犬をお母さんが探すお話です。家にある色んなものに隠れているかな?と子犬を探し続けますが、なかなか出てきません。めくる部分が隠れているものと同じ形になっているのでわくわくします。子供がめくって喜んでいます。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 車以外が。。  投稿日:2006/03/11
ぶーぶーじどうしゃ
ぶーぶーじどうしゃ 作・絵: 山本 忠敬
出版社: 福音館書店
色んな車が出てくるので車好きな子が楽しめるのはもちろん、大人の私が面白いと思ったのは、大きく描かれている車の横に子供用の車に乗った男の子が、車の絵が変わるたびに色んな車に乗っているところです。その場に応じてヘルメットをかぶっていたり可愛くて微笑ましいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 本当になくなったままなんだ。。  投稿日:2006/03/11
ルルちゃんのくつした
ルルちゃんのくつした 作・絵: せな けいこ
出版社: 福音館書店
子供の本だから最後はくつしたが見つかるのかな?と思ってました。結局、くつしたは見つからず仕舞。でも、こういう終わり方もいいかな?と思いました。物をなくすとこんなに寂しい気分になるということを分かってもらえるような気がします。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 泣きました  投稿日:2006/02/24
ずーっとずっとだいすきだよ
ずーっとずっとだいすきだよ 作・絵: ハンス・ウィルヘルム
訳: 久山 太市

出版社: 評論社
子供向けというより私向けなのかもしれません。犬のエルフィーを自分の子供、「ぼく」を私に置き換えて読める本です。エルフィーがどんなになってもぎゅっと抱きしめている「ぼく」の姿がとても印象的です。読んだあとは挿絵だけでも泣けます。
参考になりました。 0人

54件中 41 〜 50件目最初のページ 前の10件 2 3 4 5 6 次の10件 最後のページ

『エセルとアーネスト ふたりの物語』レイモンド・ブリッグズさんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット